ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

フェイゾン

ふぇいぞん

メトロイドプライムシリーズに登場する極めて危険な放射性物質。また、メトロイドプライムシリーズ通してのキーアイテムでもある。

新しいエネルギー源である。水色に美しく輝く物質で、機械の燃料にもなるし、フレークにかければ夢の様な味をかもし出す万能物質である。疲れたときはこのフェイゾンをドリンクとしてがぶ飲みし、我々は体力を回復するのである。


この素晴らしい物質のおかげで我々は新しい次元へと到達した。ダークサムス様万歳!!







……と、メトロイドプライムシリーズで登場するフェイゾンの洗礼を受けたメトロイドプライム3スペースパイレーツはこう言い放っている。

正しい概要

メトロイドプライムシリーズに登場する放射性物質であり、同時に非常に強力な突然変異誘発物質。

青白く輝く液状や膨張した固体、時には自ら動き回る等用途毎に多岐に渡って形態を変えるフェイズシフターであり、並ぶ物がないほど強力なエネルギー源にもなり得る万能性を持つ。

知覚を得たフェイゾン群は「フェイゾン生命体」とされ、その代表的な存在にメトロイドプライム=それが変化して生まれたダークサムスが挙げられる。

この生命体としての特性はメトロイドプライム3でひときわ強くなり、スペースパイレーツなど汚染したものを次々と操り、手先と変えてフェイゾン自体を拡大・増殖させようとする動きを見せるようになる。


基本的には岩石等に血管さながらに浸透して鉱石となることが多い為無機質な印象を与えるが、先述の通り実際は意思を持った生物的特徴があり、生物の遺体等接触した物質を微細な粒子によってフェイゾンへ変質させてしまう事も出来る。

また、濃度が上がるとぎらついたオレンジや赤へと変色、そこにあるだけで周囲の生物の遺伝子に強い影響を及ぼす等、総じて常識を越えた描写が非常に多い。

メトロイドプライム1におけるフェイゾンの源泉であるインパクトクレーターではそれが顕著で、壁や床など至る所に赤色フェイゾンが浸透している。マップ自体の造形も合わさり、さながら人間の口内といった様相。


エネルギー資源として強力ではあるものの、生命体に対して極端な毒性を示し、直に触れたものはその強力な放射能により瞬時に重度の被爆・火傷を負い死亡を免れない。

また自然環境によって被爆したり、意図的に注入された場合でも同様に死亡することがほとんどだが、奇跡的にこの毒性に耐え抜いた場合、その生物は急速かつ極端な突然変異を起こし、フェイゾンへの耐性と比類無く強靭な肉体を得る。

しかし筋力や生命力の爆発的な進化が成される一方で思考が安定しない、極端な短命など副作用も多く、総合的に見て真っ当なパワーアップを果たせたのは作中でも一握り。というかほぼサムスのみ。


その放射能に感染した知能・意思を持つ生命体はフェイゾン熱メトロイドプライム2のパイレーツログ参照)と言われる精神病を発症するようである。

それによるとメトロイドを射撃訓練の的にしたり、隊員達に対し殺害未遂を起したため解雇されたパイレーツの隊員もいる他、チョウゾの残留思念であるチョウゾゴーストは干渉により理性を破壊される等、物質面でも霊的な面でも異常に強い影響力を見せている。


惑星フェイザ

宇宙

既知宇宙から幾つも銀河を越えた最果てで胎動する、生きた惑星。全てのフェイゾンの故郷であり、この星を原点としてフェイゾンは宇宙に広まった。剰りに遠く遥か彼方に存在するため、ワームホールを通過する以外に到達する手段が無い。

メトロイドプライム3、ひいてはメトロイドプライム3部作における最終決戦の地で、当然ながら道中はメトロイド系をはじめ強力なフェイゾン生命体が犇めく。


フェイザは純粋なフェイゾンのみで構成された惑星であり、立ち入った時点で凄まじい毒素によって死亡或いはフェイゾン生命体としてフェイゾン拡大の尖兵と化す。


そのため、ダークサムスから意思を込めたフェイゾンを打ち込まれても洗脳されず、かつ液状フェイゾンを吸収して回復、あるいはエネルギータンクをフェイゾンエネルギーに交換して攻撃に転用と終始優勢だったサムスでさえも、フェイザに降り立った際はスターシップのバイオスキャンが彼女を認識出来ない程の汚染に晒され、フェイゾンの暴走を抑えるべく常時ハイパーモードにならざるを得なかったほど。


星自体が他フェイゾン生命体同様に知覚を持った生物であり、フェイザからは汚染拡大のため一定周期でリバイアサンと呼ばれる巨大生物が放たれる。

リバイアサンはワームホールを開くことで即座に宇宙中の何処へでも移動可能で、ターゲットとなる星へ衝突することでそれを起点にシードを形成し侵食を開始する。

更にリバイアサンでなくともフェイゾン生命体が存在すればその個体をフェイゾンコアとして増殖し、フェイゾンの拡大が可能。

このフェイゾンコアは侵食エリアの母体的存在であり、コアが死亡した場合は連鎖的に該当エリアのフェイゾンも消滅する特徴を持っている。

いずれにせよ汚染源を素早く除去しなければ、侵食された星は遠くない将来フェイザ同様完全なフェイゾン惑星へ変貌してしまう。


フェイゾン生命体は強度に差があるとは言え基本的にフェイゾンの過剰摂取させることでしかダメージを与えることが出来ないため、肝心なフェイゾン除去のためにもまたフェイゾンが必須、挙げ句そのフェイゾンが僅かにあればダークサムスも復活可能であり、事実上殲滅手段が無い。

無論唯一確実な方法であるフェイザ破壊もダークサムス指揮下の強大なパイレーツの苛烈な抵抗、加えてフェイザ自体の凄まじい危険性、ダークサムスの圧倒的な戦闘力等様々な要因から困難を極め、駄目押しに汚染拡大のスピードも非常に早い。


フェイゾンの脅威は何もこうした生物的観点、力の規模感だけでなく、ターゲットの星自体のエネルギーが衰えていればフェイゾン隕石落下の衝撃で時空のバランスを破壊して異次元・平行世界を生成してしまうという説明の付かない事象も引き起こし、その平行世界からさえも侵略行為を行うというたちの悪さを発揮。


現状はサムスの活躍によりフェイザもろとも全フェイゾンは消滅し宇宙の脅威は去ったが、この物質を巡る一連の戦いは銀河連邦、銀河社会全体にスペースパイレーツの脅威を再認識させるのに十分過ぎた。

関連記事

親記事

メトロイドプライム めとろいどぷらいむ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 148610

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました