ピクシブ百科事典

フリアエ

ふりあえ

PS2専用ゲームソフト「ドラッグオンドラグーン」の登場人物。
目次[非表示]

cv:初音映莉子

概要

主人公「カイム」の妹であり、実兄であるカイムに禁じられた想いを寄せている。
名前の由来は復讐の女神「フリアエ」。

14歳の時に、前女神アシラが亡くなり、その次代の女神に選ばれた証である「オシルシ」が体に出現し、以来、最終封印たる女神の役目を継ぐことを余儀なくされる。自由が利かず、ひたすら封印の苦痛に耐え続ける身の上に絶望し、内心で世界の崩壊を願っている。
やがて「天使の教会」に攫われ、救出に現れたカイムの目の前で教祖である少女・マナに自身の心の内を暴露され、ベッドの上にあったぬいぐるみに刺さっていたナイフを胸に刺し、自殺した。しかし、この時はナイフが心臓まで届かず、まだ仮死状態であった。

その後、マナを問い詰めたイウヴァルトが吹っ飛ばされた時にイウヴァルトの手がナイフを更に押し込み、ナイフが心臓に届き死亡。許嫁によってとどめをさされるという悲劇的な結末を迎える。
(しかしイウヴァルトを吹っ飛ばしたのはマナなので、どちらがフリアエを殺したと解釈するのは各人の判断に委ねられる)

なお、この自殺ルートは回避可能。
(マルチエンドの内A.B.CだけでのルートなのでD.Eでは自殺していない)

しかし、そのD.Eでも、突然「俺たちが新世界のアダムとイヴになるんだ!」という電波な事を言い始めたイウヴァルトに呆然としてる間に空中要塞の崩壊に巻き込まれ、消息不明となる。
結局、どのルートでもフリアエは悲劇的な結末を迎える事となる。

ちなみに「オシルシ」の出現場所は女性器である。

女神フリアエ(Bエンディング)

女神フリアエ



flowers for the Broken spirit
A woman turned into a stake will dominate the world on the blazing plate.
(杭となりし女、発火する皿の上で世界を握るだろう)

事切れたフリアエの復活を願い、イウヴァルトはその亡骸を「再生の卵」に入れた。
しかし、卵の中から蘇ったのは異形となり果てた復讐の女神フリアエであった。イウヴァルトは復活したフリアエの触手に貫かれて絶命する。 カイムレッドドラゴンは苦戦の末、異形となったフリアエを倒すも、世界中に出現した再生の卵が一斉に孵化し、そこから産まれた無数のフリアエが空を埋め尽くした。

純白の巨大な翼を生やし、胸部から腹部にかけてを露出し、下半身はドレスの残骸のような白い布で覆われている。そして、その布の下からは鱗を纏った百足のような一本の長い触手が伸びている。(ちなみに、この触手は女性器から生えているらしい)
他にも鋭い触手を持っており、卵から出た瞬間、これらをもってイウヴァルトを串刺しにした。
翼は背中から生えているというよりも、やや二の腕部分と同化している気もする。
ボス戦時の大技として自分の周りに出現させた何本もの刃物を飛ばして来るものがあるが、この刃物は皮肉にも彼女自身の命を奪ったナイフに似た形をしている。

ちなみに、このフリアエは「ギョロアエ」とも呼ばれる。
登場シーンで、眼が左右非対称にギョロギョロしているのが由来である。

コミック、小説版

ゲーム版では控えめであったが小説版、漫画版ではDODの登場人物の中で最も色情狂として描かれている。公式公認の淫乱で、女神として軟禁生活を送っていたのも自虐プレイの一つ。
封印の負荷によって苦しみ、儚く幸薄な美女と思えるも本性は性欲の塊。頭の中は常にカイムのみで、オシルシが疼くのも兄への性的欲求よって興奮しているからである。

  • これらの点では、DOD3のウタヒメ達に近い部分がある。

イウヴァルドとは両想いの末の婚約であったはずだが、実際はカイムの傍を離れたくがない為に彼の好意を利用したに過ぎず罪悪感は抱いていたものの、婚約解消後は未練たらしい男と蔑んでいた。

全ての分岐点で非業の死を遂げ、報われることはないフリアエであるがストーリーサイドではカイムとは相思相愛。しかしフリアエは自分の片想いだと思い込み、カイムが“声”を失っていたので想いを知ることはできなかった。ただし、ゲーム内においてフリアエの心情を知ったカイムの反応は否定的なものにも捉えられるため、ゲームでのカイムの心境は不明。

DOD1.3

「死ニ至ル赤」ではワンの回想にて登場。両親、兄共に健在でカールレオン国王女として元気な姿が描かれている。赤い目の病に感染した暴漢に襲われかけていたところをワンとネロに救われ、傷ついた彼らを介抱するべく王宮に招いた。清楚で明るい姫君として振舞う一方で実兄カイムを男として愛する淫乱な処女であり、禁忌的な想いに苛まれ半ば自暴自棄になっている。
カイムの誕生日にカールレオン国が赤い目の病に感染してしまい、黒竜の襲撃によって目の前で両親を惨殺される。強いショックから、バラバラになった両親の体を笑顔で繋げて治そうとするシーンで終わった。

DOD3の設定資料集記載のDOD1.3では赤い竜の血に狂った兄を救うべく銀の竜を従え、“反連合軍”に身を置く。兵士達から厚い信頼を寄せられる女隊長であるが、実は兄と会いたいが為にわざと酷い戦場を選び兵団を誘導していた。
連合軍との戦いで兄と念願の再会を果たすがカイムは気づくことなく、ショックを受けたフリアエは長年秘めていた想いを曝け出し兄を殺そうとするも返り討ちされ戦死した。

関連イラスト

フリッアエッフリッアエ♪
オシルシ



関連タグ

DoD ドラッグオンドラグーン
カイム イウヴァルト マナ

pixivに投稿された作品 pixivで「フリアエ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 510233

コメント