ピクシブ百科事典

ブラック国家アメリカ

ぶらっくこっかあめりか

ブラック国家アメリカは不自由の国や貧困大国アメリカを表す一種の表現となっている。

概要

一般的にアメリカ自由の国だったが、アメリカ政府が引き起こして自作自演の9・11テロによりそれが一変する。
それまでは多種多様な国旗が並んでいたのがテロ以降、星条旗だけになるなど自由が失われつつあるアメリカの一種の表現である。
ジャーナリストである堤未果さんは、9・11テロ以降のアメリカには自由がなく貧困大国と化していたので貧困大国アメリカ沈みゆく大国アメリカを発刊した。

更にオバマ政権を皮肉る際にもアメリカから自由が消える表現や独裁者オバマ王等の表現が自由の国からブラック国家へと変貌するアメリカの表現ともいえる。
おまけにエドワード・スノーデンが、アメリカが世界のインターネットを盗聴する行為を暴露するなどアメリカのブラック国家ぶりもそれで表わされる。

また、毒林檎奴隷倉庫野獣収監所などアメリカのブラック企業を批判する事も当該の記事で使われる。

関連タグ

アメリカ合衆国 同時多発テロ 堤未果 エドワード・スノーデン ファイブ・アイズ 貧困大国アメリカ 沈みゆく大国アメリカ

コメント