ピクシブ百科事典

散眼

さんがん

『グラップラー刃牙』に登場する技。

概要

 漫画グラップラー刃牙』に登場する
 古代インドにて、武僧が四方八方から迫るなどの武器を裁くために作り出されたカメレオンのように左右のをバラバラに動かす技術のことである。
 作中では愚地独歩が使用し、廻し受けと併用することでホッキョクグマをも仕留めた範馬勇次郎の猛スピードののラッシュをさばいて見せた。

関連項目

空手  眼球 顔芸

pixivに投稿された作品 pixivで「散眼」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 82526

コメント