ピクシブ百科事典

ブランドン・ブレイヤー

ぶらんどんぶれいやー

映画『ブライトバーン/恐怖の拡散者』の登場人物。
目次[非表示]

演:ジャクソン・A・ダン

概要

ブライトバーン/恐怖の拡散者』の主人公。
そして純粋悪

ブランドンとは英語圏の男性名、姓、地名の一つで、『灼熱の丘』『剣』を意味する。

片田舎に住むプレイヤー家に引き取られた養子で、少し痩せぎすな少年。

知識が豊富で最優秀成績を取るほどの秀才である一方、授業の中ハチの知識を長々と披露したり、父に狩りの時オナニーついて教えられた際に今してはダメかを問うたりと、どこかズレた感性を持つ。

また、性に興味を示し始めた際に集めたのは下着モデルの雑誌と腹を切り開き、内蔵を露出させた写真であり、危うい一面がある。

それでも理解しようとする両親に恵まれ、いじめられたりすることもなく、平穏に暮らしていた。

しかしその正体は別の惑星からやって来た宇宙人(と思われる存在)であり、赤ん坊の頃に地球の農場に墜落したところをプレイヤー家の夫婦に拾われた。

12歳になり、思春期に入ったある日こと、ブランドンは些細なきっかけでスーパーマンクラーク・ケントと同じく超人的パワーを持っている事に気づくが、彼はその日から自分を『高次生命』であると定義。
徐々に傲慢な振るまいが目立ちはじめ、やがて人々の命を軽視し暴走する事となってしまう。

その一方で腕を折った女の子に花を贈り、最後まで手にかけていなかったり、育ててくれた両親に対してどこか情を抱いている描写が散りばめられていたりと、好意を抱くものには僅かな優しさをみせる。

ズレた感性も、もはや余人には理解できないほどひどくなっている。

コスチューム

ブランドンの象徴とも言える赤い覆面やマントは、普段布団代わりに使っているブランケットをいじくったもの。

口元は太い紐で雑に縫い付けられており、縦に生えた乱杭歯を彷彿とさせる。
本人はこのデザインが気に入っているらしく、「変なデザインのマスク」と叔父に言われた時は「変じゃない!」と力を使わず怒鳴っていた。

黒幕?

実はブランドンが超人パワーに気づく前から、宇宙船より何かしらの囁きを思わせる信号を送られており(曰くその意味は世界を奪え)、これによりブランドンは空中浮遊のトランス状態になったり、夢遊病患者のように宇宙船に引き寄せられたりしていた。

ブランドンは宇宙船の部品で唯一傷ついていることから、どことなく彼より上位の存在である事を示しているようにも見える。

関連タグ

映画 ジェームズ・ガン ブライトバーン
闇堕ち

思春期 反抗期 養子
『悪のスーパーマン』として描かれた彼とこの映画の、裏テーマといえるもの。

ビリー・バットソン…スーパーマンのような力を持った少年主人公繋がり。こちらは後天的である。
ゾッド将軍…ある意味ブランドンに近いキャラ。
句楽兼人…スーパーマンになり損なった破壊者繋がり。
ブロリー…生まれ持った強大なパワーが原因で暴走したキャラ繋がり。

関連記事

親記事

ブライトバーン ぶらいとばーん

pixivに投稿された作品 pixivで「ブランドン・ブレイヤー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 844

コメント