ピクシブ百科事典

プリチャン(淫夢)

ぷりちゃんいんむ

「プリチャン(淫夢)」とは、本来交わるはずのなかった女児向けコンテンツ「キラッとプリ☆チャン」と、成人向けのホモコンテンツ「真夏の夜の淫夢」が合体してできてしまった、カオス極まるコンテンツである。
目次[非表示]

概要

とりわけニコニコ動画において、キラッとプリ☆チャンに関連する動画に、真夏の夜の淫夢等、成人向けのホモコンテンツの音声を混ぜた作品につけられることが多い。
中には淫夢の登場人物の映像がそのまま登場するなど、プリチャンを普通にプレイしている方には分かりづらい、あるいは受け入れにくいコンテンツもまま見られる。

女児向けとホモという、全く相反するものを混ぜたこれはある意味で斬新なのか、「例のアレ」カテゴリのランキングで頻繁に登場するため、淫夢実況シリーズの中では比較的知名度が高いと思われる。

誕生までの経緯

キラッとプリ☆チャンの前作であるプリパラの時点から、真夏の夜の淫夢とそれを混ぜたコンテンツがニコニコ動画にて多数作成されていた。
プリパラのアーケードゲームの稼働が終了し、置き換える形でキラッとプリ☆チャンのアーケードゲームが稼働開始した際、とある動画投稿者がそれのプレイ画面に淫夢音声を混ぜた動画を投稿。元々別の実況でその投稿者が有名だったため、再生数も多くなり、ホモたちに広くプリチャンが知られることとなった。
さらに、その投稿者に刺激を受けたのか、雨後の筍のようにプリチャンをプレイするホモ達が続出。知名度も雪だるま式に拡大し、一大ジャンルになるに至る。

特徴

淫夢ファミリーによる実況

淫夢の名が入ることからもわかるように、淫夢実況の一部という扱いを受けている。
そのため、淫夢が苦手な人に対しての注意が一応は必要である。

語録コメント

視聴者も当然ながら、淫夢を知るものが存在する。したがって、コメントにも淫夢語録を使用したものが入りやすい。
その中には一見、投稿者やマイキャラへの否定を含むように見えるものもあることもあるが、決してそのような意図は含まれないただの語録であることもあるので、淫夢知識の少ない方が投稿する場合は、あまり怖気づく必要はないだろう。

女児扱い

プリチャンというゲームがもともと女児向けとして作成されていたため(実際のプレイヤーがどうかは別)、プリチャンをプレイするホモ達も一応は女児として扱われることとなる。
ただし、実際に女児と言われていても、10代後半以上の、本来の意味での女児ではない人が多いので、スラングである程度の認識で良い。

注意点

プリチャン淫夢とノンケの関係

プリチャン(淫夢)も一応はプリチャンのプレイ動画の一種である。それも、ニコニコ動画内ではプリチャンのプレイ動画としては再生数が多くなりやすいジャンルである。
したがって、淫夢を知らない、あるいは関わってないノンケ(ホモではないプレイヤー)でも動画を目にするケースが多々見られている。純粋に、投稿者のキャラを見たいという層が一定数存在しているためと考えられる。
そのため、身内だけで楽しむ淫夢動画としてだけではなく、ある程度ならノンケにも見せられる動画として仕上げる技量も求められている。

投稿したい動画にもしもノンケが写り込んでいたら

繰り返すが、プリチャンをプレイするノンケの中には当然ながら淫夢を嫌う層も存在している。そのような方にとっては、プリチャン淫夢に自分のキャラが少しでも映り込むこと自体が強い嫌悪の対象となってしまう。
プリチャンでは自分の思い描いたとおりのキャラが作成可能で、日本語で表記できる限り名前もほぼ自由につけることができるため、割と簡単に写り込んだのが自分のキャラだという認識が可能である。
そのため、万が一投稿したい動画に、自分以外が所有しており、かつプリチャン淫夢に関わっていないキャラがいた場合は、その名前を隠すだけでは不十分であり、キャラ自体を隠す必要があることを頭に入れておく必要がある。
ホモとノンケでは、物事に対して抱く感覚が大きく異なるケースもまま見られるため、注意してもしすぎることはないだろう。

タグについて

動画を投稿する際のタグは、通常の実況で用いられる「ゲーム」ではなく、「その他」ジャンルかつ「例のアレ」タグを付ける必要がある。どういうわけか「隔離対象」と言われるゆえんである。

派生

淫夢実況によるプレイ動画によって築き上げられたプリチャン(淫夢)ではあるが、その知名度を生かして、アニメ由来のプリチャン素材の中に淫夢要素を混ぜた動画や、逆に本来の淫夢動画にプリチャン要素を入れる動画も昨今では出てきている。
これらも広義のプリチャン(淫夢)と呼べるであろう。

関連項目

コメント