ピクシブ百科事典

ベビーチェア

べびーちぇあ

ベビーチェアとは、おもに子ども向けの椅子である。(左記画像右の椅子)
目次[非表示]

概要

ベビーチェアには複数の種類があり、対象年齢や用途によって使い分けられる。
概ねお座りができるようになる頃(生後6カ月ごろ移行)から使用できる。

組み立て式や完成製品、折り畳み可能式、座位置調整可能式、エアー式などの種類があるほか、ゆりかごのようなタイプ、ベビーベッドベビーカーを兼ねられるマルチなものもあり、それぞれの使用の方向性に合わせて選択することができる。

テーブル

ベビーチェアに特徴的なテーブルであるが、着脱式と固定式、付属なしのタイプがある。それぞれ椅子の素材に合わせて製であったりプラスチック製であったりと様々である。
テーブルには子どもが椅子から落ちないようにする役割もあるが、いずれのタイプでも落下防止のパーツが付属しているなどの対策が講じられている。パーツの種類も着脱式パーツやベルトなど複数のタイプがある。

種類

ベビーチェアにはおもに「ハイチェア」と「ローチェア」の種類がある。

「ハイチェア」は脚が高く、主にダイニングテーブルでの使用が想定されている。座板の位置を調整することで大人でも使用できるため、長期にわたって使用できる。ただしその場合は設計上の耐荷重制限に注意が必要である。幼児期のみを対象としたものは概ね5歳ごろまでを想定して設計されている。

「ローチェア」は脚が低く、5歳ごろまでの子どもがローテーブルで使用することを想定している。製品によっては座板位置をスライドするなど調整することでハイチェアとしても利用できるが、やはり子ども向けの製品である。

また、いずれのタイプでも着席時に足を置けるようなステップ板が付いているものと付いていないもの、あるいは着脱式のものがある。

注意

椅子という性質上頑丈につくられているが、念のため設計上の耐久荷重限界には注意。
またこちらも対策も講じられている他ベビーチェアに限ったことではないが、椅子の転倒や椅子からの転落、パーツ間への指はさみなどにも注意が必要である。

関連タグ

子供 幼少期 児童 年齢
椅子 家具

pixivに投稿された作品 pixivで「ベビーチェア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23530

コメント