ピクシブ百科事典

ムサシ(ローグ)

ろーぐのむさし

ここでは、『メガトン級ムサシ』の巨大ロボット・ローグのムサシについて書く。
目次[非表示]

概要

本作の主人公機。
パイロットは、一大寺大和土方龍吾浅海輝
全体の動きと攻撃システムをコックピット1の大和、防御システムとパワーマネジメントをコックピット2の龍吾、レーダーシステムと戦術コンピューターを輝がそれぞれ担当して運用される。

後に新型ローグ『アーサー』に搭載されていたアクトドライバーと呼ばれる特殊な操縦システムを転用することで、大和1人での操縦が可能になったが、その分パイロットには多大な負荷が掛かることになった。それでも大和はこの機体を難なく使いこなしている。

異星人侵略者ドラクターに対抗すべく開発されたロボット兵器・ローグの中でも、一際巨大な体を持つ「メガトン級」に分類される。
離れた戦地へ急行する際には3機に分離、サポート飛行メカに牽引され、空中でのドッキング『スカイビルド』することで戦闘を開始する。

これも後に分離することなくメガトン級ローグを運搬できる飛行メカが開発されたことによって、落下死の危険性が高かったスカイビルドを経ることなくスムーズに戦闘を開始できるようになった。

名前の由来は日本の剣豪『宮本武蔵』より。また、搭乗者の名前が大和になっており、戦艦をイメージさせるネーミングにもなっている。

武装

フォトンリボルバー
巨大なリボルバー型武器。
がさつな大和の性格上取り落としたりその場に捨ててしまうことが多い。

ダブルブレード
両腰にマウントされている大剣。
エネルギーを纏うことで刃部分が発光する。
アニメ第2話ではうち一本を主軸に高速回転して発生した遠心力を利用し、飛びかかって敵機を撃ち落とすという型破りな戦術を見せた。

ハイドロバズーカ
空輸されてくる巨大バズーカ。
ドラクターの母艦を一撃で粉砕する程の威力を誇るが、弾数は少ない。

超光子破砕剣オールディバイダー
ダブルソードを上回る大きさの大剣。

搭載技

メガトンパンチ
変形し、巨大化した右手から繰り出す必殺のパンチ技。ロケットパンチではなく、エネルギー弾である。
本来は装甲の固い単一の敵に有効とされているが、地面に向かって撃てばその衝撃波で複数の敵を攻撃できる。

Xブレイカー
武器である2本のダブルブレードを振りかぶり、X状の斬撃を放つ。

デフュージョンブラスター
胸部にあるドローム砲を展開して巨大な砲塔を出現させ、タキオン粒子を高密度圧縮した極太光線を放つ
チャージ時間が長く、反動で吹き飛ばされてしまうため接地していないと使用できないが、発射中、体の向きを変えることによって複数の敵機をまとめて薙ぎ払う事も可能
アニメ版第13話では背中合わせにしたスパークマン(IN零士)の『スパークブラスト・最大掃射』で反動を相殺するという型破りな戦術を披露した。

流星キック
青い螺旋状のエネルギーを纏って放つ飛び蹴り。
大和の機転により、強固なバリアを持つ敵に対し、地中を掘り進み、メガトンパンチで方向転換、バリアの張られていなかった真下から強襲し粉砕する、という離れ業を見せた。

サザンクロスエンド
オールディバイダーにエネルギーをチャージし、巨大化した光の刃で敵を十字に斬り裂く。
作中では、超装甲を持つ敵を相手に200%まで過剰チャージしたエネルギーで放つ「大和スペシャル!200%斬り」を発動した。

電光石火剣ムラマサ
カブキファンクションの一つ。発動には反重力エンジンが起動が必要。
マスエキスパンダーとムサシを接続し、巨大な両手持ちの刀を生成し、赤黒いオーラで巨大質量のミサイルも真っ二つに切り裂いてしまう大技。失敗すればムサシごとお陀仏になるリスキーな技でもある。

メテオライティングフォール
マスエキスパンダーと接続してエネルギーを充填してから成層圏まで上昇。スペースデブリを巨大隕石の形に形成し、背中に生成したコズミックブースターの勢いを利用して敵艦にぶつけるカブキファンクション。
なお、生成した隕石は敵艦にぶつかると同時に大爆発を起こす為、地表に激突する心配はない…はず。

関連タグ

メガトン級ムサシ ムサシオー

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ムサシ(ローグ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 508

コメント