ピクシブ百科事典

モルダ

もるだ

モルダは複数の意味を持つ。
目次[非表示]

曖昧さの回避


  1. ファイアーエムブレム聖魔の光石に登場するキャラクター。
  2. ガイストクラッシャー登場人物のひとり。

1のモルダ

概要

聖魔の光石の登場人物。EDでの称号は「心温かき神官」。
ゲーム中での兵種は神官。1章クリア後にエイリーク一行の護衛という形で旅に参加することになる。
支援関係を結べるキャラはギリアムコーマヴァネッサシレーネの4人だが、コーマ以外の3人は聖魔の光石では割と使われていない玄人向けのキャラたちで、支援会話の内容・支援効果はともかく、あまり恵まれていない感じがする。
ストーリーでの出番も1章クリア後の会話にちょびっと少し出てきて2章でも冒頭にほんの少し出てくるぐらいで影の薄い存在。

性能

神官という回復役にもかかわらず、HPと守備が(兵種の割に)やたら上がり、魔力・魔防が伸び悩みやすいという、回復役以前に魔法系として妙な成長をすることが多い。クラスチェンジでは賢者か司祭を選択できる。
しかし、他の魔法系ユニットと比較すると体力や守備が伸びやすい分、敵の物理攻撃に耐えやすくなる他、体格が高いため、重い魔道書を持たせても回避や攻撃速度が落ちにくいというメリットがある。特に後者は魔道書が全体的に重い今作でさりげなく重宝する。
物語序盤は唯一の回復役としてそれなりに重宝するものの、後で彼よりも回復役に適した味方が参入することと、その妙な成長の仕方(と顔グラ)のせいでいつの間にか2軍落ちになっていることが多いようだ。

なお、覚醒にも魔符として登場しており、僧侶の割にHPと力が高い。そのため、斧を操るバトルモンクに向いていたりする。

2のモルダ

CV:江川大輔
 オリンポリスの少数民族テルル族の若長。2035年6月3日生まれ。双子座のO型。29歳。身長192cm、体重98kg。特技は力仕事で女の子が苦手。
 ハンレイ達とはゼウス事件以降に知り合い、彼らの事情を含め守護大樹の監視を認めている。ゲーム本編ではレッカ達が村に訪れた際はさんごを人質にとってセラフィック・カラドリオスの退治を強要させ、完了以降は(ハンレイらのいるのを伏せて)大樹へ向かう事を話している。

 TVシリーズではハンレイ達の酒飲みの友人として接し、彼らの肉体的な事情も知っておりレッカが修行を離れた際に事件後の真相の一端を涙ながらに語った。

関連タグ

1の関連タグ

ファイアーエムブレム
聖魔の光石 覚醒(魔符として登場)
ヒーニアス ギリアム
アサマ…ifに登場。モルダ同様回復役と思えない成長をする僧侶。

2の関連タグ

ガイストクラッシャー

pixivに投稿された作品 pixivで「モルダ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23397

コメント