ピクシブ百科事典

ユービック

ゆーびっく

フィリップ・K・ディックの小説。もしくは、漫画『ベルセルク』に登場するゴッド・ハンドの一人。

フィリップ・K・ディックの小説

 1969年に発表された、アメリカ小説家フィリップ・K・ディックSF小説。ディックの最も賛辞を集めた長編小説の一つ。2009年、『タイム』は1923年以来の最も偉大な小説100作品の一つに『ユービック』を選出した。『タイム』に寄せた彼のレビューの中で、レフ・グロスマンは、「その存在を深く混乱させる恐ろしい物語、自分が目覚めたのか決して確信できない悪夢」と描写した(Grossman, Lev. "Ubik–All-Time 100 Novels". Time. Retrieved on May 2, 2009.)。タイトルは、「偏在」を意味するubiquityに由来する。

『ベルセルク』の登場人物

 ゴッド・ハンドの一員。烏賊の触腕のような肢を備えた、サングラスをかけた浮遊する悪魔の様な形をとる。常に嘲り笑いを浮かべ、惑わし陥れる者として現れる。彼は使徒になる可能性を持つ者を、彼らの過去の姿、もしくはグリフィスの場合、その潜在意識を呼び起こすことで、彼らが贄を捧げるよう引き込むことができる。全くの嘘ではないにしろ、ユービックは、彼の標的が、彼らが犠牲を払う以外に選択肢がないと確信し、絶望に陥るよう、真実を捻じ曲げている。
 アニメ第一作では茶風林、ゲーム版では田中完が声優を担当した。

関連記事

親記事

ゴッド・ハンド ごっどはんど

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ユービック」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2431

コメント