ピクシブ百科事典

ライカグ

らいかぐ

烈車戦隊トッキュウジャーの登場人物、ライト×カグラのカップリング。
目次[非表示]

概要

仲間達(トカッチミオヒカリ)を含み、幼馴染という関係。
5人の中でもライトカグラのイマジネーションの強さはツートップを誇る。
そのイマジネーションの強さや、天真爛漫で明るい性格など、2人に共通するものは多く、遊園地や観光などで2人で先頭を切って走っていくなど、喜びを共有する描写も多くみられる。
また、ライトの明るさは度々カグラが落ち込んだ際に彼女を救っており、ヒカリを怒らせてしまい、萎縮するカグラに「一緒に謝ってやる」と言ったり、自分達の町を思い出し、寂しそうな表情を見せるカグラに「好きだっただろ?」と綿菓子を握らせて元気付けるなど、頼れる男ぶりを発揮している。

また、第28話でノア夫人に操られ、催眠状態で暴走してしまったライトに攻撃することを真っ先に躊躇い、結果的に最初の標的となってしまったのは他でも無いカグラであったが、それでもワゴンの助言をもらうまではライトと戦うことに抵抗を持ち続け、ようやく催眠状態を解いた直後に真っ先にライトに駆け寄り、気遣っていた。

第二のピンチ

「なりきり」を得意とするカグラは稀になりきりが過ぎて暴走状態になることがあり、その凄まじさは普段自由奔放で暴走型とされるライトさえも凌駕することも。
そんなカグラのなりきりが初めてクローズアップされた第3駅では、幼少時代、人魚姫になりきって海でおぼれかけたカグラを助けようとしたライトにカグラが「王子様!」としがみつき、今度は2人一緒に溺れかけた……というとんでもエピソードがライトの口から語られている。
その時の教訓から暴走が過ぎたカグラの行動を「第二のピンチ」と呼び、思い出すだけでも恐ろしい、と、怖いものナシなイメージのライトの数少ないトラウマの一つとなっているようである。

「「海!!」」


結果的にこの出来事が失った記憶を呼び起こすキーポイントの一つになったわけであるが……

関連イラスト

出発しま~~~す



関連タグ

烈車戦隊トッキュウジャー 乙女のイマジネーション 特撮男女カプ 赤桃 ライト(トッキュウジャー) カグラ(トッキュウジャー)

pixivに投稿された作品 pixivで「ライカグ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 45543

コメント