ピクシブ百科事典

ラストブシニャン

らすとぶしにゃん

ラストブシニャンとは、『妖怪ウォッチ』に登場するキャラクター(妖怪)である。
目次[非表示]

「武士は刀を持たぬ者を手に掛けぬが、今のは無礼打ちである」
「武士の生き様を馬鹿にする事は許さん」(漫画版のセリフより)

概要

CV:矢部雅史

No604
種族イサマシ
ランクS
好物てんぷら
スキル武士道(自分以外の味方が気絶している間、ちからが超アップする)
こうげき閃光ぎり
ようじゅつ火炎の術
必殺技ハラキリソード(切腹覚悟の精神で敵を斬りつける)
とりつき背水の陣(とりつかれた妖怪は背水の陣の構えで、ちからがアップする)

USAのネコ妖怪がジャポンの文化にあこがれ武士となった。実力は本物で勇敢に戦いぬくが、武士道を勘違いしておりすぐに切腹したがる。(妖怪大辞典より)

ブシニャン(レジェンド級の切れ味を持つ刀で戦場を駆けるジバニャンのご先祖様)」とは似て非なる姿を持ったメリケンレジェンド妖怪

薄茶色の毛並み、左目には眼帯を付けており、星の立物が特徴の赤い甲冑を着ている。ブシニャンとはなんと同じ主君の下で戦った仲らしい(レジェンド妖怪2匹を従える主君とは何者なのだろうか…)。
その後は日本(ジャポン)からUSAに渡り、ラスト武士として活動しているという。

ネームモデルは映画『ラストサムライ』。彼がネイサン・オールグレンなら、ブシニャンは勝元盛次だろう。

コロコロ版

クラスメイトの「学校の裏山に刀を振る侍の亡霊が出る」という噂を聞いてケータが出会った「武士妖怪」。
戦国時代から生まれている妖怪で、幽霊となっているブシニャンと違って三万人斬りの後も生き残っているが、ケータに渡された給食で残したパン(ラストブシニャン曰く「スカスカの食べ物」)を食べるまでは草を食べていた。
戦いはあったが、ブシニャンと再会してからはケータの友として力を貸すという約束でケータに妖怪メダルを渡した。

その後、トムニャンに対して「拙者を騙せると思ったか?」と意味深な発言をして刀を向け、
「ジャポンは『USA』の言葉じゃないでござる!!貴様はメリケン妖怪ではないでござらん!!何者だ!?」と問い詰めるが、
ケータに「その話はだいぶ前に大人の事情ってことで終わってるんだ…」と有耶無耶にされた結果「この上は、腹かっさばいてお詫びを!!」切腹しようとするも、トムニャンに「大人の事情なら仕方ないミャウ」と言われたことで切腹を辞め、己の武士道を貫き通した。

ダリスとの戦いではダルダルパワーに耐える精神力の強さを魅せ「武士として無防備な奴は斬れぬ」とダリスに改心の余地を与えた…が、もっと強いダルダルパワーを与えられた事によってあっさりと武士の心得を破りダリスを一刀両断した。

イナホサイドでも登場し、USAピョンと激闘を繰り広げた他、ブルジョワG決めて魔王といった高ランクの妖怪に勝利している。

アニメ

第174話にて初登場。
ジャポンに憧れてUSAから初来日。ラストにこだわる性格で行列でも順番を譲っていた。自分がラストじゃなくなると切腹をする。
さくらニュータウンでケータ達と出会いホームステイをする事になる。なぜかウィスパーを一刀両断する。
ラストにこだわる理由は『自分が大家族の末っ子』。兄弟達に心配しないよう自分の番をラストにしていた。
宿泊代としてケータにメダルを渡した。

第181話『ラストブシニャンのジャポンの歩き方「おにぎり」』
トムニャンにジャポンの文化を教えてもらう。

関連タグ

妖怪ウォッチ イサマシ族 レジェンド妖怪 ブシニャン 武士































































































その時!!運命のいたずらか、家族からメールが届き弟が生まれた事を知る。

pixivに投稿された作品 pixivで「ラストブシニャン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 47695

コメント