ピクシブ百科事典

リキルウ

りきるう

リキルウとは、漫画「シャドーハウス」のキャラクターであるリッキーとルウの男女コンビ(カップリング)である。

概要

漫画「シャドーハウス」のキャラクターである生き人形リッキールウの組み合わせを指す。


「お披露目」時から生き人形としての模範的な振る舞いを評価されていた二人組だが、リッキーはパトリックを優位に立たせる為に他者を出し抜こうと知略を巡らせているのに対し、ルウはルイーズのためになる事でしか動かない事が結果的に生き人形のあるべき姿となっている。

この両者の在り方は相性がいいのか、庭園迷路の際は頭のいいリッキーが地図の暗号を読み解いてお影様の居場所までの道のりを考えて、余計な事は一切考えずに鋏で迷路の生け垣を破るルウが道を切り開いていくという協力体制を作っていた。
その途中でルウが脚を負傷してしまうのだが、この時ルウがリッキーの上に乗りかかる状態で顔同士が急接近する事態が発生。リッキーはあからさまに顔を赤くして目をそらしていたがルウの方は自分の顔に傷ができていないかを気にしていた。

リッキーの方はルウを意識しているのがとてもわかりやすいのだが、ルウは主人と自分の顔の事だけしか考えていないような変わらないマイペースぶりでその内心がわかりにくい。だが、脚を負傷した際にリッキーに手当てをされたりリッキーとの会話の中で心境に変化があったらしく、ルイーズと再会した際は主人の「顔」として冷ややかな反応をしていたものの、ルイーズの隙を見てリッキーに自身が持っていた鋏を手渡す。

「私がリッキーにあげたかったの」
「こんなことするのは初めて…変だね」
「でもリッキーといて楽しかったから」

この後、二人とも無事(?)「お披露目」に合格してからはそれぞれが元の生活に戻っていくのだが何かと二人が絡むシーンは増えてきている。ルウはエミリコに「仲良くなったんですか?」と聞かれた際は「ただ一緒にいただけ」としか答えなかったものの、主人の隣では「顔」に徹しないといけないにも関わらずリッキーにだけ話しかけたり笑顔を見せている。
一方リッキーは珈琲による洗脳が薄れた事もありルウに対する感情を強く持ち始める。お影様同士の対面時であっても「ルイーズではなくルウの顔を見たい」と望むようにまでなるが、シャドーの「顔」である事だけを考えるべき生き人形としてはあってはならないと自制している。


関連タグ

シャドーハウス

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「リキルウ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「リキルウ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8726

コメント