ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
エミリコとは、『シャドーハウス』の主人公の一人である。

CV:篠原侑


人物

本作の主人公であり、もう一人の主人公であるシャドー家のケイトに仕える生き人形の少女。

明るく前向きな性格。食いしん坊で、屋敷から支給される質素な食事でも美味しそうに食べるが、シャドー家用に配給されるパンをケイトからもらった際には「おいしすぎるパン」として感激のあまり全身で喜びを表した。


容姿

他の生き人形達に比べて見た目は幼げ。髪は長い金髪を黒色のリボンでツーサイドアップにしている。

瞳の色は、やや紫がかった碧眼

同期の中では、ラムと並んで一番背が低い。


性格

天真爛漫そのもので常に前向きな姿勢を崩さず、何より「諦めない」気持ちが誰よりも強い。そんな彼女の在り方は多くの登場人物に多大なる影響を与えている。エミリコ自身は初めから他人は信用するタイプであり、疑心や警戒心を持つのは苦手。それでも一度信じたら最後まで信じ抜くひたむきさは変わらず、その最たるは主のケイトである。彼女の為なら掃除を始めとした雑務も請け負い、苦楽を共にすることを心から喜んでいる。


行動や思考に関しては子供ゆえの発展途上からかややおっちょこちょいなところはあるが、同時に既成概念にとらわれない柔軟な思考や発想も持ち合わせている為、それがトラブルの突破口や解決に繋がっている。だが基本的にはシャドーハウスに忠誠を誓う事が絶対的な生き人形としては個性が強いため、上述の性格もあって彼女を快く思わない者からは「お花畑」と揶揄されている。


口調は誰に対しても敬語だが、素直すぎて思った事は良くも悪くもそのまま口にしがち。だがその発言内容はかなり核心をついたものが多く、物覚えや知識は他の生き人形に比べてまだまだではあるものの彼女の地頭は悪くなく、むしろ飲み込みや理解力はかなり早い方。独自の言い回しをするジョンの言葉もすぐに把握、本来の従者であるショーンが羨ましがるほどだった。



自身曰く、「『丈夫』な生き人形」。実際、劇中では2階以上の高所から何度か落下しているが、擦り傷を作る程度で捻挫や骨折はしておらず五体満足で助かっている。身体能力も高く、遠くを見るために細い手摺を足場に立ったり、箒でこびりつき相手に奮闘したり重い荷車を押したり、ありあまる元気も彼女のパワーの源である。


能力

上述の身体能力に加えて、手先が器用。自身のミスでケイトのぬいぐるみを台無しにしてしまった際は綿の入れ替えから縫製まで全て完璧に行った(足りない替えの綿は代用品を使うなど機転も効く)。この時、余った材料等で手作りしたぬいぐるみを“パンちゃん”と名付けて友達にしている。裁縫に留まらず、その発想力から工作も得意とし、「お披露目」では荷車とそれに集めた様々な材料を組み合わせて多くのアイテムを作り出す。それらは「お披露目」において全て役に立つことになった。


ケイトとの関係

使えるべき主人として一番に思い、彼女の為に何事も率先して行動している。時にはケイトを怒らせたりして涙することもあるが、彼女の“顔”としての矜持は幼いながらも持ち合わせており、表情が見えない故にその心を理解しようと努めている。

性格は物静かなケイトと真反対のため、シャドーハウス内においてはお影様と“顔”の表情や感情が剥離していると取られている。が、エミリコ一人の時はともかく、ケイトと共に行動している際の彼女の普段の“顔”は概ねケイトの感情を表すことが自然とできている。


そして当のケイトはエミリコの「個」を尊重しているのでエミリコ自身の“表情”をとる事やその発言は咎めることなくむしろ推奨しており、シャドーハウスのルールに則る必要がなければ両者の相性はとてもよい。まだ子供な面が良くも悪くも見えるエミリコを冷静且つ微笑ましく見守るケイトの様子は「危なっかしい子を見守る母親」「世話焼きなお姉さんと元気な妹」のような関係に見えるだろう。


関連イラスト


関連タグ

シャドーハウス 生き人形


【主人】

ケイト・シャドー


【同期】

ショーン

ラム

ルウ

リッキー


【その他関わりのある者達】

ローズマリー

ミア

バービー

ベル

エドワード


























ネタバレ注意












































「お兄ちゃん あの子 すごいね!」





その出自は、シャドーハウスが存在する島ではない、外部のサーカス団の団員である。元は孤児であり、居場所を転々とした経緯を経てサーカス団に拾われた。その頃から「名前」というものを持っていなかったために呼び名は定まっておらず、サーカス団に至っては、団長からは「綱渡り」や「雑用」と呼ばれる有様であった。


綱渡りやジャグリングなどが得意であり、雑用係として身に着けた裁縫技術を持っている。先述の『頑丈さ』『運動神経』『器用さ』はこれらの経緯からきている。ただし学校教育は受けていないために文字の読み書きや一般常識は会得しきれておらず、これもシャドーハウス生活序盤に他の生き人形達から一歩出遅れている要因となっている。


最後の興行で訪れたのがシャドーハウスに最も近い町・ミラーサイドであったが、この公演中にミスをしてしまった事でサーカス団を追い出されてしまう。行く宛がなくなりかけた所を、公演を見に来ていた達に見つかり、友情を育んだ彼らの提案によってシャドーハウスへ導かれる事になった。


また、このシャドーハウスへの入館の前日譚には後の仲間との出会いだけでなく、後の主人となるケイトとの出会いも並行して語られた。一度は公演前に「顔のない人物」として遭遇し、一時は噂話から怖がっていたものの、二度目の再会時には話し合いで打ち解け合う。ケイトから、シャドーハウス侵入に必要な黒布とケイトを模した人形を提供した代わりに、彼女が着ていた刺繍入りの上等な衣服をもらう。シャドーハウスに入る為の試験を受ける為の候補者リストに名前を書き加える際は、自身に名前が無かった事から刺繍されていた「ケイト」の名を記入した。これが結果的に別ルートで正体を隠して侵入したケイトに本来の名を取り戻させることとなる。


そして少女はまた新たに名を与えられる事になる。ケイトが人間として暮らしていた時期に、彼女を家族同然に育ててくれた老女「エミリー」の名をもじった、「エミリコ」という初めての「自分の名前」を。

CV:篠原侑


人物

本作の主人公であり、もう一人の主人公であるシャドー家のケイトに仕える生き人形の少女。

明るく前向きな性格。食いしん坊で、屋敷から支給される質素な食事でも美味しそうに食べるが、シャドー家用に配給されるパンをケイトからもらった際には「おいしすぎるパン」として感激のあまり全身で喜びを表した。


容姿

他の生き人形達に比べて見た目は幼げ。髪は長い金髪を黒色のリボンでツーサイドアップにしている。

瞳の色は、やや紫がかった碧眼

同期の中では、ラムと並んで一番背が低い。


性格

天真爛漫そのもので常に前向きな姿勢を崩さず、何より「諦めない」気持ちが誰よりも強い。そんな彼女の在り方は多くの登場人物に多大なる影響を与えている。エミリコ自身は初めから他人は信用するタイプであり、疑心や警戒心を持つのは苦手。それでも一度信じたら最後まで信じ抜くひたむきさは変わらず、その最たるは主のケイトである。彼女の為なら掃除を始めとした雑務も請け負い、苦楽を共にすることを心から喜んでいる。


行動や思考に関しては子供ゆえの発展途上からかややおっちょこちょいなところはあるが、同時に既成概念にとらわれない柔軟な思考や発想も持ち合わせている為、それがトラブルの突破口や解決に繋がっている。だが基本的にはシャドーハウスに忠誠を誓う事が絶対的な生き人形としては個性が強いため、上述の性格もあって彼女を快く思わない者からは「お花畑」と揶揄されている。


口調は誰に対しても敬語だが、素直すぎて思った事は良くも悪くもそのまま口にしがち。だがその発言内容はかなり核心をついたものが多く、物覚えや知識は他の生き人形に比べてまだまだではあるものの彼女の地頭は悪くなく、むしろ飲み込みや理解力はかなり早い方。独自の言い回しをするジョンの言葉もすぐに把握、本来の従者であるショーンが羨ましがるほどだった。



自身曰く、「『丈夫』な生き人形」。実際、劇中では2階以上の高所から何度か落下しているが、擦り傷を作る程度で捻挫や骨折はしておらず五体満足で助かっている。身体能力も高く、遠くを見るために細い手摺を足場に立ったり、箒でこびりつき相手に奮闘したり重い荷車を押したり、ありあまる元気も彼女のパワーの源である。


能力

上述の身体能力に加えて、手先が器用。自身のミスでケイトのぬいぐるみを台無しにしてしまった際は綿の入れ替えから縫製まで全て完璧に行った(足りない替えの綿は代用品を使うなど機転も効く)。この時、余った材料等で手作りしたぬいぐるみを“パンちゃん”と名付けて友達にしている。裁縫に留まらず、その発想力から工作も得意とし、「お披露目」では荷車とそれに集めた様々な材料を組み合わせて多くのアイテムを作り出す。それらは「お披露目」において全て役に立つことになった。


ケイトとの関係

使えるべき主人として一番に思い、彼女の為に何事も率先して行動している。時にはケイトを怒らせたりして涙することもあるが、彼女の“顔”としての矜持は幼いながらも持ち合わせており、表情が見えない故にその心を理解しようと努めている。

性格は物静かなケイトと真反対のため、シャドーハウス内においてはお影様と“顔”の表情や感情が剥離していると取られている。が、エミリコ一人の時はともかく、ケイトと共に行動している際の彼女の普段の“顔”は概ねケイトの感情を表すことが自然とできている。


そして当のケイトはエミリコの「個」を尊重しているのでエミリコ自身の“表情”をとる事やその発言は咎めることなくむしろ推奨しており、シャドーハウスのルールに則る必要がなければ両者の相性はとてもよい。まだ子供な面が良くも悪くも見えるエミリコを冷静且つ微笑ましく見守るケイトの様子は「危なっかしい子を見守る母親」「世話焼きなお姉さんと元気な妹」のような関係に見えるだろう。


関連タグ

シャドーハウス 生き人形


【主人】

ケイト・シャドー


【同期】

ショーン

ラム

ルウ

リッキー


【その他関わりのある者達】

ローズマリー

ミア

バービー

ベル

エドワード


























ネタバレ注意












































「お兄ちゃん あの子 すごいね!」





その出自は、シャドーハウスが存在する島ではない、外部のサーカス団の団員である。元は孤児であり、居場所を転々とした経緯を経てサーカス団に拾われた。その頃から「名前」というものを持っていなかったために呼び名は定まっておらず、サーカス団に至っては、団長からは「綱渡り」や「雑用」と呼ばれる有様であった。


綱渡りやジャグリングなどが得意であり、雑用係として身に着けた裁縫技術を持っている。先述の『頑丈さ』『運動神経』『器用さ』はこれらの経緯からきている。ただし学校教育は受けていないために文字の読み書きや一般常識は会得しきれておらず、これもシャドーハウス生活序盤に他の生き人形達から一歩出遅れている要因となっている。


最後の興行で訪れたのがシャドーハウスに最も近い町・ミラーサイドであったが、この公演中にミスをしてしまった事でサーカス団を追い出されてしまう。行く宛がなくなりかけた所を、公演を見に来ていた達に見つかり、友情を育んだ彼らの提案によってシャドーハウスへ導かれる事になった。


また、このシャドーハウスへの入館の前日譚には後の仲間との出会いだけでなく、後の主人となるケイトとの出会いも並行して語られた。一度は公演前に「顔のない人物」として遭遇し、一時は噂話から怖がっていたものの、二度目の再会時には話し合いで打ち解け合う。ケイトから、シャドーハウス侵入に必要な黒布とケイトを模した人形を提供した代わりに、彼女が着ていた刺繍入りの上等な衣服をもらう。シャドーハウスに入る為の試験を受ける為の候補者リストに名前を書き加える際は、自身に名前が無かった事から刺繍されていた「ケイト」の名を記入した。これが結果的に別ルートで正体を隠して侵入したケイトに本来の名を取り戻させることとなる。


そして少女はまた新たに名を与えられる事になる。ケイトが人間として暮らしていた時期に、彼女を家族同然に育ててくれた老女「エミリー」の名をもじった、「エミリコ」という初めての「自分の名前」を。

コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

  • 終末からの逃走

    終末からの逃走 5(了)

    これで最後です。 独自解釈がはいります。 なので当初入れる予定はなく、今回のことを怖がるエミリコをケイト様が慰めて幕引きかな、と考えていたのですが、書き始めたのが本誌でケイト様の過去編に突入した頃。 毎週立ち読みをするうち「幕引きがこれではいけない。ケイト様にも何かしら荷物を下ろして頂く。頼んだよエミリコ、君の悲しみは予定している後日談で必ず」と、かなり早い段階で書くことに決めました。 長くなるしこんなところにまでオリキャラを入れるのもどうかと思ったのですが、こういう経緯なので許して。
  • 二次キャラ聖杯戦争OZ EFFECTIVE EARTH

    【本戦開始前】15 ケイト・シャドー&バーサーカー

    マスター ケイト・シャドー サーヴァント バーサーカー 禊白斗 作者 ◆U1VklSXLBs 様
  • 結実する花

    対の助言

    パトエミが結婚する話。 ……結婚に至るちょっと前。 モダモダすれ違い。 なんでこうなるんだこの二人。 好きって気持ち自覚してからが道のりが長い。 今回はジョンケイとリキルウも出てきます。みんな大人。 私、ジョン様が好きすぎてお馬鹿キャラに書きすぎてる気がする、ごめんジョン様。そういう君が好きなんだ……。最新話あまりに最高すぎた……。 毎度ながら本編から数年後の想定で捏造あり。 余談。と話の概要。 前回の話、思ってたより読んでいただけていて感無量です……パトエミ同志はいた……! パトエミ好きすぎて刃物振り回すような発言してすみません、マジで全力で己の妄想を信じ切り自己防衛して書かないとモチベ低下するタイプなので、自カプは絶対結ばれるという確信の下にだけ生きてます。 読む人にこういうパトエミのハピエンあるといいよね という気持ちを届けたい。  ラッパ水仙の花言葉には負けない。  私も花には無知なタイプなので思うんですが、エミリコは恐らく他意はなく「黄色で可愛いから、暗闇の中でつかの間でも安らげそうだから」という理由でだけで(気持ち的には優しさだけで)あの花を渡してしまってると思うんだ……。付き合ってから花言葉(悪い意味のほう)知って青ざめるやつ。無知は罪。  逆にパトリック様はチューリップ(カラー版見てください! 日々コツコツとコイン貯めたら見れるので)は分かってて渡してる気がする。とっさなのにすごいねぇ。  と、花に無知な私が花に興味持ちだすという。  これが恋!? という気分を間接的に味わってます。 というわけでパトエミ需要はあるようなので続きました。 この話はちょっと長くなるので続きます。 今回は対の二人目線の話でしたが、 次回はちゃんとエミリコとパトリックの会話もあるはず。 ジョン様とショーンも出てきます。 コメディ要素増える。 (気づいたら一万文字超えたので 読みやすいように半分に分けました)
  • ぎゅーってするケイトとエミリコの話

    仲良しなふたりが好きです〜素敵な主従! 初めはエミリコに抱きつかれそうになった時思い切り避けたのに、その後ハグをするようになってるケイトさま可愛くてにこにこしてます
  • 少女たちと亀の話

    ケイト様とエミリコの冒険。 ※モーフ以外の妖精が出ます 9巻までの内容を含みます。 ジョン様とショーン編 https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=17184352
  • 心の向かうその先へ

    ジョン様とショーン、ちょっとジョン←ケイト、モブシャドー。 ジョン様とショーンの忠誠の話のつもり、書きたいとこ書き散らしただけ 時系列は強いて言うなら亡霊騒動解決直後、同期の絆結成後らへんですが矛盾するかも…ケイト様が既に班長でダグラスが嫌いです。すす能力やモーフについて捏造がいっぱいです。 場合によってはクソデカ感情、場合によってはBのL すすが多くなっていき発作になりはじめたジョン様と心配なショーン、ケイトとエミリコも出ます。一応同期も……… 申し訳ないんですが私はサラとダグラスどっちも嫌いです…サラ様、星つきになりたいならもう少し態度控えろよって思っちゃいます…というか、私をいじめていた女の子に似てるタイプだから嫌いなのかも…… ショーンくん、普段は突っ込み多めのクールタイプだけどジョン様に振り回されててたまに熱血出ていいね…主人への愛情は普段見えないけどエミリコレベルに深いから、もしマリロズ組の立場に置かれてもなんの躊躇いもなくジョン様の手を握って一緒に落ちてくれるタイプ…ジョン様と一緒に幸せになってくれ……エミリコちゃんとでもいいけど何か兄妹っぽいんだよなあ…… 目の色が似ている気がする…でもエミリコはサファイアみたいで、ショーンはほんのりブルーの黒い瞳… 名前って言うとサラとミアも大概似てない気がする… クリストファーの時にミア、ダグラス達がいたからクリストファーを知らないのは同期組+双子ぐらいかな?わりと少ない… アンソニー本当に信用できる?この人、シャドーを駆逐するつもりとかない?生き残ったケイト様とジョン様を殺したりしない?エミリコとショーンの目の前で… オープニング見返すと、ダンスシーンラムちゃんだけご主人様と目を合わせていない気がする…ステップのせいかな? 5/7 たまたま予告見つけた。 おやすみのキスカットしなかったのは偉い!!!!!五回見直してスクショ撮りました!!しゅき!! したがって…∴ 5/9 リアタイしました!!ジョン様思ったよりテンション高い声でしたね…アニメ勢が『こいつ知性派じゃないな』って気付くころですねえ…あと思ったよりダンス下手じゃないですか?wwwwテンポが合わなくてショーン口開けっぱなしwwwそれにピアノばーんの時、ショーンくんだけ主人から手を離してますね。でも一定の距離は保ったまま、手を空けておいてエドワードを睨んでるから、ジョン様に何かしようとしたら反撃する気だったのかな?血気盛んでいいね… ダイナミック無礼するなwwエドワードは漫画より目がイッてて怖かった!ピアノはいいけど…サラ組はひたすら怖い…後から出るジョン様が優しいから余計きつい… 今思えばケイト様とジョン様、お披露目から生き人形に合わせてる時点で異端だったのね……… おやすみのキス音が聞こえて噎せたwやっぱアニメ勢から見るとホモォに見えちゃうよね…めっちゃ動揺してたw…誤解して!覚醒せよ!ジョン様とショーンの小説増えて!! 前はジョン様左っぽいと思ってたけど、こんなピュアボーイが左はケイト様以外、なんならケイト様にも厳しいなって思うな… 年上のシャドーとかに脱がされても「?」って可愛く首傾げたあたりでショーンのキックがヘンタイに命中する…セコムなショーンくん可愛いよ… 5/14 予告みました! 結構進むから、ショーンがジョン様に出会うまでかな?ケイト様はいちごとオレンジが好きなんですね…
    18,081文字pixiv小説作品
  • シャドーと不思議な世界

    Part1 プロローグ

    よのみです。 前に宣言したシャドーハウスのクロスオーバー作りました。 あのですね…霊夢ちゃんの方のクロスオーバーは一旦お休みさせてもらいます。 理由はマンネリです。 飽きっぽい性格なもんで… こっちでは、ちょっと違う感じの道で行きたいと思っております。
  • 春と鏡の中の顔

    エミリコと一体化したケイト様話。 ひたすら「だんご三兄弟」聞きながら書いた記憶があります。 ちょっと悪口言われたことで心が折れて作品を全て削除したんですが、今は「あ~らあら、私に嫉妬してるのね~?」と言えるくらい回復したので再投稿です。 読んだ方、感想っていうか、あなたの好きなシーンを送ってください。なんならスタンプでも良いのよ。
  • ピンク色のチューリップ

    シャドーハウスのパトエミ小説になります!原作6巻辺りまでの内容です。 拙い文章ですが、それでもいいよ〜って方はお読みください!
  • 【シャドーハウス二次創作】『煤葬』

    今回は百合的関係性に挑戦してみました。『シャドーハウス』をお読みになった方は是非こちらも読んでいってください! WARNING!! この作品は『シャドーハウス』1巻~4巻までの内容(https://www.amazon.co.jp/dp/B07M8RP82M/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1)を前提としています!!まだ読んでいない人は今すぐ読みましょう!!
  • ふたりのきもち

    ケイトとエミリコがキスするお話。 一応前回の「特別なひと」の続きになりますが、読んでいなくてもそんなに支障はないかと思います。 ケイト視点、エミリコ視点の交互になっています。 キスまでのやりとりが長く、キス自体は短いと思います。 原作10巻までのネタバレを含みます。 たぶんエミケイかな。 百合なので苦手な方はご注意ください。 (アニメ1期の予告 第10話を見ていると入りやすいかもしれません)
  • 余計なこと

    「“生き人形”は余計なことを考えてはいけない」。 シャドーハウスの小説です。 ・原作4巻を読んでいない方はネタバレになります。 ・文章には自信がありません。 ご理解された上で、OKな方はお読みください。
  • 特別なひと

    エミリコが自分の気持ちに少しずつ気づいていくお話です。 エミリコ視点になります。 原作10巻の内容を含みますが、気づく人は気づくレベルの内容かと思います。 (上記により少し時系列が異なる部分があります) 百合なので苦手な方はご注意ください。 拙いですが、読んでもらえたら嬉しいです。
  • 君の笑顔が好き

    最後は完全に私の願望!ショーンの中身も私の願望!今週のシャドーハウスやばかった(笑)来週まで待ちきれん程気になる終わり方したやん? まだ読んでない人達にとってはネタバレっぽくなります!どうぞご了承ください*_ _)
  • ジョンの葛藤

    ショーン、想う

    ご覧頂きありがとうございます。 前回の「ジョン様、自覚する」の続きです。 今回はショーンがジョン様への気持ちを整理したり、ジョン様があれこれ考えている様子です。 ハピエンまであと少し…? 次回で完結できればいいなと思っていますが、もう少し長くなるかもしれません。 本編のネタバレは入れていないつもりですが、万が一含まれていたらご指摘いただけるとありがたいです。
  • 受け継がれた名前

    ケイト様がエミリコにエミリコと名付けた理由妄想。とても妄想。 書いた私視点でも解釈違い(͡° ͜ ʖ ͡° ) what?) ⚠️原作106話のネタバレが含まれます ⚠️ミラーハウスに関して捏造妄想が含まれます ⚠️ケイト様の擬態先の子がキャサリンさんという名前の子である前提です ⚠️キャサリンさん(暫定)がエミリコの肉親(祖母とか?)である前提です エミリコに「個」であって欲しいと願ってエミリコと名付けたケイト様が、エミリコにかつての擬態先の子を重ねるのは''違う''だろ……と思いながら書きました(なんで書いたん?)
  • 生き人形たちの真剣勝負

    出来心で生き人形だけで話を作ってみたけどやっぱりこの人たちの隣にはあの人たちがいなきゃなと思いました。
    17,848文字pixiv小説作品

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    【表紙】雪広うたこ 【漫画】朝賀 庵/ASH/ウエハラ蜂/蝦夷森わに/小道明奈/samesuke/シータコマーチ/嶋次郎/世禕/タロ名/ととふみ/外岡もったす/ながべ/はかた/花森玉子/榛名ハル /ホームラン・拳/梁阿渣

    読む
  2. 2

    漫画:白梅ナズナ/原作:まきぶろ/キャラクターデザイン:紫 真依

    読む
  3. 3

    まつお

    読む

pixivision

カテゴリー