ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV:佐倉綾音

概要

ルイーズ・シャドーとは『シャドーハウス』の登場人物
貴族の真似事をして暮らす顔のない一族である「シャドー家」の一員
ルウの主人であり、ケイトとは同期。

性格

とてもおしゃべり。台詞の語尾は「~ねっ」「~なのっ」というように可愛げに跳ね上がるのが特徴。
基本的には自分のことが大好きで、何よりも自分自身が一番美しい事に拘っている。それ以外のシャドーや生き人形に関しては見下したりはしないものの、自身から興味を持たない限りは対応は薄い。

そして自分の次にルウの顔と声が大好きで、部屋には多くの肖像画が飾られている(大人になると写真が飾れるようになる事を楽しみにしている)。
但し、あくまでも自身の「生き人形」として気に入っているわけであり、彼女の「意思」についてはルウがあまり自己主張を見せない事から関心や気配りは稀薄(「人形」=道具としての接し方に近い)。よって、顔以外の場所に傷がついたり重労働から疲労を見せるルウの様子を見ても何も気づく事がなかったが、後にマリーローズベンジャミンからの指摘で生き人形を大切にする事を僅かながらも覚え、ルウを労わる姿勢を見せ始める。

顔との相性もよく、最も模範的なシャドー家の人間として「お披露目」後は日々自由に楽しく生活している模様。特に、自身が最も美しいシャドーである為に趣味を通して「自分を磨く」事に関しては熱心であり、直近ではトレーニングルームで筋トレを積極的に行っている。その成果は、同期のパトリックを簡単に抑え込めるほどまでになっている(彼曰く「痛い、マジで強い」)。

容姿

黒いシルエットのような外見で顔立ちは不明だが、髪型はルウと同じ毛先がカールしたボブヘア。頭に黄色の花飾り。衣装は黄色いワンピース。マリーローズからは「咲き誇るガーベラ」と形容されている。

すす能力

自らの煤を生き人形に取り込ませて洗脳する、精神系のすす能力を持っている。これで無意識にルウの精神を操って従順に従わせたり、能力に気付いてからは鍛錬を重ねて彼女に様々な表情をさせたりしている。すすによる操作でルウの体調を懸念するケイトに対しては「顔は綺麗なままよ?」とやはりルウの意思に関しては気にしておらず、罪の意識はない模様。だが、ケイトの亡霊騒動の犯人捜しにおいてはこの表情操作によって魅了したこども達から多くの情報を得て貢献した。



関連タグ

シャドーハウス
お影様

関連記事

親記事

お影様 おかげさま

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ルイーズ・シャドー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 35212

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました