ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

アデューの駆る、リューナイト・ゼファーが、より強大な敵『邪龍族』と対峙する為、時の神殿に飾られてあった精霊石の剣でクラス・チェンジした姿。これもまたリューナイト同様に父ラーサー・ウォルサムの形見でもある。


白を基調としたデザインと盾装備、さらにそのデフォルメ体系から、「魔神英雄伝ワタル」の「龍王丸」にどことなく近いものがある。


TV版の直接の続編であるドラマCD版では、平和を取り戻したアースティアに精霊石は不要なため各地に再封印されたもよう。

しかし、ラストバトルでメテオザッパーを使っているため、アデューだけは未だに携行しつづけてるもよう。

(マンガ版の設定では、クラスチェンジとメテオザッパーは関係無いので問題はない)


OVA版では金色(どちらかといえば山吹色)主体の色調で、ドラゴンテールの削除などで飾りっ気が少なめとなっている。また全体的な意匠も異なる。

OVA版のパラディンはリューに命を吹き込む神の眷属が一族を守るために生み出した守護神で、通常のリューとは一線を画した存在。魔王と戦うために当時の勇者に託されたが、その際に一族を守るために力の大半を分離している。しかしその状態でも魔王の軍勢を単機で撃破するほどの能力を持ち、力を取り戻した際は機体が半壊しても即座に修復されて復活するなど、その性能はTV版や漫画版と比べても別次元のものを持つ。


マンガ版ではパフリシア王国の秘宝である精霊石の剣を貸与される形でクラスチェンジ。

敵からの攻撃魔法すら吸収してエネルギー変換するなど驚異的な性能を発揮するが、クラスチェンジ時には大きな隙と多大な消耗が発生してしまううえに、クラスチェンジを維持することですら寿命を削りかねない負担となる。

最終決戦後、剣は大賢者ナジーへと預けられる。


必殺技は「ファイナル・クラッシュ・ドーン」、「重閃爆剣(メテオ・ザッパー)」。


尚、「王」の名を冠する「ロード・ゼファー」と言う呼称はTVシリーズのみで、漫画やOVAでは使用されていない(これは「王」と「聖騎士」の立ち位置を明確に区別しているため。マンガ版だとロードを名乗るのは、敵側のシュテルである)。


余談

ガンダムビルドファイターズ第9話にて騎士ガンダムが登場した際の見栄切りシーンは、リューパラディンの出撃バンクを忠実になぞったオマージュである。

関連タグ

覇王大系リューナイト

アデュー・ウォルサム リューナイト・ゼファー

関連記事

親記事

リューナイト・ゼファー りゅーないとぜふぁー

子記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 36590

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました