ピクシブ百科事典

リューパラディン・ロードゼファー

りゅーぱらでぃんろーどぜふぁー

「覇王大系リューナイト」後期主人公機。リューナイト・ゼファーがクラスチェンジした姿。
目次[非表示]

概要

 アデューの駆る、リューナイト・ゼファーが、より強大な敵『邪龍族』と対峙する為、時の神殿に飾られてあった精霊石の剣でクラス・チェンジした姿。これもまたリューナイト同様に父ラーサー・ウォルサムの形見でもある。

 白を基調としたデザインと盾装備、さらにそのデフォルメ体系から、「魔神英雄伝ワタル」の「龍王丸」に何処と無く近い物が在る。 だが、変型ができそうでできない点が異なる。

 TV版の直接の続編であるドラマCD版では、平和を取り戻したアースティアに精霊石は不要なため各地に再封印されたもよう。 ・・・なはずだが、ラストバトルでメテオザッパーを使っているためアデューだけは未だに携行しつづけてるもよう。 それでいいのか聖騎士?
 (マンガ版設定なら、クラスチェンジとメテオザッパーは関係無いので無問題なのだが)

 OVA版では金色(どっちかといえば山吹色)主体の色調で、ドラゴンテールの削除などで飾りっ気が少なめとなっている。 また全体的な意匠も結構異なる。

 マンガ版ではパフリシア王国の秘宝である精霊石の剣を貸与される形でクラスチェンジ。 敵からの攻撃魔法すら吸収してエネルギー変換するなど驚異的な性能を発揮するが、クラスチェンジ時には大きな隙と多大な消耗が発生してしまう(リューメイジによる儀式が必要)うえに、クラスチェンジを維持することですら寿命を削りかねない負担となる諸刃の剣。
 なお最終決戦後、剣は大賢者ナジーへと預けられる。 ・・・パフリシア王国に返還しなくてよかったのだろうか? 



 必殺技は「ファイナル・クラッシュ・ドーン」、「重閃爆剣(メテオ・ザッパー)」。

 尚、「王」の名を冠する「ロード・ゼファー」と言う呼称はTVシリーズのみで、漫画やOVAでは使用されていない(これは「王」と「聖騎士」の立ち位置を明確に区別しているため。マンガ版だとロードを名乗るのは、敵側のシュテルである)。

余談

ガンダムビルドファイターズ第9話にて騎士ガンダムが登場した際の見栄切りシーンは、リューパラディンの出撃バンクを忠実になぞったオマージュである。

関連タグ

覇王大系リューナイト
アデュー・ウォルサム リューナイト・ゼファー

pixivに投稿された作品 pixivで「リューパラディン・ロードゼファー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16181

コメント