ピクシブ百科事典

リリアンヌ=ルシフェン=ドートゥリシュ

りりあんぬるしふぇんどーとぅりしゅ

mothy(悪ノP)による「悪ノ娘」に登場する主人公。
目次[非表示]

「パンがなければおやつを食べればいいじゃない」
「さぁ、跪きなさい!!」

概要

悪ノPが生み出した悪ノ娘と同曲を主題とした悪ノシリーズに登場する鏡音リンの事。
ルシフェニア王国を統治する14歳の王女(鏡音リンがモチーフとなっている)。
栄華を極めた王国に君臨し、コンセプトは「傲慢」
顔の良く似た召使(双子の弟)を連れている。
とても絢爛豪華で可愛く可憐な王女なのだが、「大罪の器」である4枚鏡(傲慢)を手にしたことによって悪逆非道になり重い圧政で民衆を苦しめた事から後に「悪ノ娘」と言われ嫌われた。

曲中で名前は登場せず、のちに悪ノP自身による小説版などで判明した。
※王女の名前を単に「リン」としている作者も多い。
小説版によると、一人称は「妾(わらわ)」、口調は標準語からかけ離れたエセ古風なもの。

これ以上記すとネタバレになってしまうので詳細を知りたい方は関連記事または関連する曲、
そしてそれらを主題とした小説・マンガを参考にして頂きたい。
(それでもOKな方は下へどうぞ)



















出生時〜幼少期

(小説と漫画で異なりますが、ここでは小説について記載。)
民衆の期待と教会の鐘が祝福する中、アレクシルの双子の姉として誕生。
父王亡き後、自分とアレクシルのどちらを王位に擁立させるかで、周囲の大人たちは後継者争いを展開していた。本人たちはそんなことは露知らずに2人で海岸を訪れて遊んでいたが、プレジ大臣の依頼を受けたアビスI.R.によって傀儡の王を仕立てるために、悪食の悪魔を取り憑かされてしまった(本当はアビスI.R.はアレクシルに憑かせる筈だったが、悪食の悪魔は自分にお菓子を分け与えようとしたアレクシルに取り憑かなかった)。
その後悪魔に取り憑かれている事に気付いたエルルカによって悪魔は祓われるも、その代償に記憶を失ってしまった。そのため直後に跡目争いを防ぐために養子に出された双子の弟の存在を知らぬまま育ち、後に策略によって傲慢の悪魔に取り憑かれたことで、暴権へと繋がっていく。

彼女とその弟の容姿は、「神の双子」と呼ばれるグレーテルヘンゼルに瓜二つであり、エルルカを驚愕させていた。
実はアルス一世の長女がグレーテルの転生者になる運命であり、本来ならそれはリリアンヌの筈であった。しかし、プリム=マーロンの介入で彼女がアルス一世の長女としてネイを産んだ為、ネイがグレーテルの転生者となり、リリアンヌは外見だけが似ている別ものとなった。


14歳になってから(悪ノ娘のメイン)

14歳になった王女・リリアンヌにある日、新しい王女付きの召使が現れる。その少年の名はアレン=アヴァドニアといい王女リリアンヌに逆らうことなく彼女の願いなら何だって叶えた。そんな時、許婚だったカイル=マーロンにより突然彼女との婚約を破棄されてしまう。彼女は怒りに狂い、召使のアレンやルシフェニア兵ににカイルが気に入っている緑の女を殺すため、"緑狩り令"を出した。後にミカエラは望み通り死亡するが、怒りに狂い国を変えようと立ち上がった"レジスタンス"(革命軍)との内戦で敗れ、民衆の前で公開処刑された。

実は···。

革命軍によって公開処刑をされたと上には記載したが、悪ノ召使で全てが明らかとなった。
実は処刑される前(ちょうど王宮に匿っていた時)にアレンによって王宮から脱出していた。しかし、身代わりとなったアレンはリリアンヌとカン違いされたまま処刑された。

彼女のその後…

見事逃げ出した彼女は"リン"という偽名を使い、倒れているところをクラリスに発見され孤児院も兼ねたエルド派修道院で暮らし始める。当初はワガママは抜けきってなかったが、クラリスの献身的な支えで徐々に改善していき、クラリスとは仲の良い友人になる。
しかし懺悔室で自身の過ちを懺悔しているところをクラリスにバレてしまい、クラリスはミカエラを「緑狩り」によって失った為1度は彼女に殺されかけた。しかしクラリスはアレンの幻影から思い留まり、2人は本当の意味で分かり合えた。
後に"リン"として洗礼を受けエルド派修道女となり、前院長からその座を継いだ。旅に出たクラリスとは生涯を通して友人であり続け、大勢の孤児たちに見守られながら息を引き取ったと伝えられている。(楽曲『待ち続けた手紙』に、彼女の死が描かれている。)
七つの大罪シリーズの楽曲の主人公たちの中では、現段階で天寿をまっとうしている唯一の人物。

正体

※ネタバレのため注意してください。








彼女(とアレン)の正体は存在するはずのなかった神の双子、イレギュラーという存在である。
アレンを待ち続けながら彼女は転生を繰り返している。

円尾坂の仕立屋

リリアンヌとしての記憶を失い、三六燐として転生する。
偶然手に入れたルシフェニアの4枚鏡によって前世の記憶を取り戻し、アレンと再会するために自分を殺そうとしたカヨ=スドウを殺すため傲慢の悪魔と契約を交わすも、悪魔はほとんど力を失っていたため一撃で殺された。


関連イラスト

悪ノ娘
悪ノ


よいこのボカロ10
悪ノ娘



関連タグ

VOCALOID 鏡音リン 悪ノP 悪ノ娘 悪ノシリーズ

pixivに投稿された作品 pixivで「リリアンヌ=ルシフェン=ドートゥリシュ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 24892

コメント