ピクシブ百科事典

リース・トーレス

りーすとーれす

スクウェア/スクウェア·エニックスのコンピュータRPG『アンリミテッド:サガ』の登場人物。

概要

かつて1000年前、世界を平定した英雄イスカンダールと共に戦った大魔道士。イスカンダールの活動に大きな影響を与えたばかりか、共に1000年前の存在のはずであるイスカンダールが今日活動しているのは彼のおかげである。
彼が生きていた時代、世界はモンスターたちに席巻されていた。中でも龍とアンデッドが最も強力だったのだが、そのうち龍の勢力を大きく削いだのは、彼が始祖龍ドラコ・アルケイオスを倒したからである。心臓「ドラゴンハート」は分割され封印、長らく全てが同じ場所に集まることはなかった。
そして、今日の術士が使用している術の系統も、彼が体系立てたものである。かつて世界を飲み込みかけた混沌の力である「禁呪」の力に近づかないよう、そして誰もが学べるようにした。術に関して特筆すべきは、イスカンダールに施した秘術「アンリミテッド」である。

  • これは、別の次元にワープする能力を得られるものだが、故郷以外の世界に行った場合はさらに付加能力が付く。しかしその付加能力というものがとんでもない物で、「完全無敵・不死身」という文字通りの完全無欠な存在になるというもの。しかしこれを施術する前に、イスカンダールに規約を守らせている。それは、「異世界ではその無敵の力を振るうことなく、大人しく傍観者としてただの旅人であれ」というものだった。そして、その誓いは——破られなかった。
  • こういう力を与えた時、最初は約束を守っていても、いつしか約束が風化して結局は約束を破ったりして、災厄を招く物語は多い。しかしながら彼とイスカンダールについては、そういうエピソードは皆無。つまり、彼はイスカンダールを信用したのであり、その信用した彼の人を見る目そのものが正確無比だったということ。力は強いほど使い方を間違えれば一大事になるが、彼はその使い方をどこも間違えておらず、超人的な物事の分別を持っている事がわかる。
このように、神をも超えるであろう力を使用した彼だったが、彼本人は自身にそのような術を使うことは無く、人間としての天寿を全うした。
また、ゲーム本編の時代でルビィたちに啓蒙・協力した時のイスカンダールは、自分の立場をかつてのリースに置き換えていたらしい。このエピソードも含め、さまざまな意味でイスカンダールの人生を支えた人でもある。
 
なお、本来の名前は「リース」。「トーレス」の意味は出身地のトーレ村を意味し、リース・トーレスとは「トーレ村のリース」という意味である。

関連

アンリミテッド:サガ イスカンダール

pixivに投稿された作品 pixivで「リース・トーレス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1535

コメント