ピクシブ百科事典

ルシエド

るしえど

ルシエドとは、ワイルドアームズシリーズに登場する守護獣(ガーディアン)である。
目次[非表示]

CV:佐々木誠二(WATV)。

プロフィール

性別不詳
年齢不詳
体長ミクロ~∞
使用武器すべてを引き裂く爪と牙(2)
好きな乗り物電車(F)
好きな人間生きることに執着のある者(2)
嫌いな欲望ただ主張されるだけで深みの無いもの(F)


概要

青、もしくは青みがかった紫の毛並みを持つ狼の姿を成す守護獣(ガーディアン)。
生きる者の心の働き、即ち感情を司る貴種守護獣(ガーディアンロード)の一柱であり、ルシエドは生きる為の様々な行動の根源である「欲望」を司る。

数多に存在する全ての宇宙はおろか全ての次元を生み出した原初の守護獣グラブ・ル・ガブルより産まれ落ちた最初の守護獣であり、同時に産み落とされた「希望」を司るゼファーが双子の弟。
守護獣の中でも最も強大な力を持つ存在の片割れであり、ファルガイアが荒廃しても人々の心から「欲望」が無くならない限り力を持ち続ける為、他のガーディアンと違って実体化ができる場合が多い(一方で、あるべき姿から捻じ曲げられた欲望が人々の心に肥大した際には弱体化する事もある)。

同等の力を持つ双子の兄のゼファーの力が一瞬にして宇宙の果てを超えて飛翔し、その胸に宿る炎を全力で開放すれば多元的宇宙を消滅させ、より高位の次元に影響を及ぼしてしまう事からもルシエドの強大さを伺う事が出来る(全ての守護獣に言えるが人間やエルゥとの交感によって力を増減させる事も可能)。

欲望の守護獣というその性質上、自らの乾きを満たすに足る強く純粋な欲望の持ち主(闘争への渇望を求めたブーメランや生への強い執着を見せたアナスタシア・ルン・ヴァレリアなど)の傍らに現れ、自らの加護を欲望の持ち主へと与える。
時としてファルガイアと敵対する者に対しても力を貸す事があるが、それは力が振るう者によって善にも悪にも移ろうのと同じく、欲望そのものに善悪という概念が無い為である。
また、自らを「魔剣ルシエド」と呼ばれる剣の姿へ変化させる事も出来、自身が認めた者にこれを振るわせる事もある。

備考

ワイルドアームズではマジックスタッフを使うとしゃべる場面があった他、WAXFではあるキャラクターがルシエドではないかという疑惑はあるが本編での明言はされていない。
元ネタは金子彰史氏が日本テレネット時代に製作に関わった天使の詩Ⅱ。ただし作中では扱いがあんまりだったトカなんトカ。

関連項目

ワイルドアームズ
アナスタシア・ルン・ヴァレリア ブーメラン

pixivに投稿された作品 pixivで「ルシエド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21628

コメント