ピクシブ百科事典

レムリアン・サーガ

れむりあんさーが

レムリアン・サーガとは、アメリカの作家リン・カーターの代表作であるヒロイック・ファンタジーである。
目次[非表示]

概要

架空の大陸「レムリア」を舞台とした、剣と魔法のヒロイック・ファンタジー。1965年から70年にかけて、全六巻が執筆された。
日本語版は、ハヤカワ文庫より全六巻が1973年から78年の間に発売されている。

主人公のゾンガーは、バーバリアンの傭兵であり、豪放磊落、剣一本でその身を立て、やがて一国を興し王となる……という、「英雄コナン」によく似たキャラクターであり、物語自体も似たところがある。
しかし、ハワードと異なるリン・カーターの物語は、コナンシリーズとは異なる魅力を有しているのも確かである。全六巻で物語もそつなくまとまり、この時代における、コナン以外の(そしてコナンに似た)ヒロイック・ファンタジーとしては、佳作ともいえる作品である。

物語

レムリア大陸北方、ヴァルカルト生まれの男、ゾンガー。
彼はトゥルディス国の傭兵をしていたが、ある日に酒場で貴族と賭けを行い、それに勝ったのに支払いを断られた事から争いを起こし、ついうっかり殺してしまった。
牢に入れられ、鎖で拘束されるも、友人の戦士アルド・トルゥミスの手引きにより脱獄。そして、脱出の際に特殊な魔法の金属「ウルリウム」を用いて建造された「飛行艇」を手に入れ、そのまま空中から脱出した。
飛行艇をなんとか操縦し、やがてチェシュの密林の上空に辿り着いたものの、トカゲ鷹グラックの襲撃を受けて墜落。密林に棲む怪物たちに襲われるも、魔法使いシャライシャにより救われる。
シャライシャは、強力な戦士を一人、必要としていた。世界を滅ぼす悪竜の王が復活しようとしているため、それを倒す霊剣が必要なのだと。
飛行艇を修理し、二人は霊剣の材料となる『星の石』が保管されている、ツァルゴル国に向かう。
塔に保管されていた石を奪取し、船へと届けたは良いものの、ゾンガーは捕まってしまった。
闘技場で慰みに、怪物と戦わされて殺される事になるが、前王の息子のカルム・カルヴスと知り合い、シャライシャの助けでともに脱出する。

星の石を剣に鍛えるため、一行は焔の神ヤマトを崇める黄色いドルイド僧が治めるパタンガ国に入る。シャライシャの手により石は剣に鍛えられるが、ゾンガーとシャライシャはドルイド僧たちに囚われてしまった。
そこでゾンガーは、ドルイド僧ヴァスプス・プトルに結婚を迫られている、パタンガ国最後の王族、スミア姫と出会った。三人は処刑の寸前に、カルム・カルヴスの操縦する飛行艇に助けられ、霊剣を完成させた。
だが、悪竜たちの住処に赴く途中。空中でゾンガーは空の怪物の群れに襲われ、巣に運ばれてしまった。
シャライシャ、カルム・ガルヴス、スミアはゾンガーを欠いたまま、悪竜の王スススアーアとの決戦を余儀なくされてしまう……。

登場人物

  • ゾンガー

主人公。レムリア大陸北方、ヴァルカルトの生まれ。
豪放磊落な偉丈夫。長剣を武器に用い、傭兵として戦いの場を渡り歩き、幾多もの手柄を立ててきた。勇敢な戦士であり、戦いの際には容赦はしないが、仲間や友人と認めた者に対しては情に厚い。そのため、ゾンガーに恩を感じる者もまた多く、彼の窮地を救ってくれる事も多かった。
魔法や魔法使いに対しては不信を抱いているものの、マジックアイテムや魔法の武器を用いる事には抵抗はない。
牢に閉じ込められる事も過去に多く体験しているが、そうなった際には一休みして、食事を取り、そうした上で今後を考える……という事を実践している。そのため、常に食事を欠かさない。
飛行艇を奪い、シャライシャに出会ってから、様々な大冒険を繰り広げ、ついにはトゥルディス、パタンガ、ツァルゴルの三国をまとめ上げ、それらの王の上に立つ『王の中の王』となる。

  • スミア
パタンガ国の最後の王族にして姫。ドルイド僧たちに捕らわれ、望まぬ結婚を迫られていたところにゾンガーたちに助けられる。
後に、ゾンガーの妻となり、ゾンガーの興した王国の妃となった後、王子をもうける。
  • シャライシャ
ザール国の老魔法使い。魔導師の王の異名を持つ。数々の魔法を心得ており、世界を破滅に導く悪竜の復活を予期して、霊剣を復活させる。
  • カルム・カルヴス
ツァルゴル国の前王の息子である貴族の青年。前王を亡くし、現王が王座に就いた後に地位を剥奪され、ゾンガーの侵入を理由に闘技場での処刑を言い渡される。ゾンガーに助けられ、後に彼と共に冒険に参加する。
  • シャンゴト
レムリア西部の平原、青い肌を持つ巨人イェガ族の若者。実直な性格の戦士で、剛力を持ち戦斧を武器とする。ツァルゴル国の手の者に誘拐されたスミアを助け、ゾンガーに自分の父親ジョムダトを助けてもらう。ここからゾンガーとは友人になり、イェガ族ぐるみでゾンガーの味方となる。

  • ザール九大魔導師
4巻に登場。魔導師の都ザールにおける、魔導師のグループ。ある目的のために集結した者たちで、全員が強力な魔導師。暗黒の力を信望し、三国の王となったゾンガーを目障りに感じ、敵対する。自分たちを「魔術の申し子」「枢機卿」と称し、評議会の会議に参加する時には、「魔術の申し子、○○(自分の名前)枢機卿参上致しました!」と自己申告して姿を現し、自身の席につく。
  • タラバ
破壊者の二つ名を持つ九大魔導師の一人。トゥルディス国の拷問官を務めていた。
  • アダマンクス
九大魔導師の一人。タラバともども、ゾンガーに倒される。
  • マルダナクス
七人に減った九大魔導師のリーダー格。黒い大司教の二つ名を持つ。常に黒いローブで己の身体を覆っている。評議会の会議では、黒の玉座に座る。
  • ピトゥマトン
九大魔導師の一人。肥満体の巨漢。白いぶよぶよの肌で、無毛で髪と眉が無い。手指には宝石付きの指輪をはめている。会議では紫の玉座に座る。
  • 頭脳のヴァル
九大魔導師の一人。幼児または赤子のような縮こまった身体に、成人より数倍大きな頭部を持つ。自力で歩けないため、意思を奪った蛮族の奴隷をゾンビのように動かし、運ばせている。会議では緑の玉座に座る。
  • マルドルド
九大魔導師の一人。鋼鉄のチェインメイルを着こんだ、逞しくしなやかな肉体を持つ戦士。腰からは大きな剣を下げている。会議では深紅の水晶の大椅子に座る。魔術と剣術を合わせた戦いの技で、ゾンガーと一騎打ちする。
  • 髑髏のゾト
九大魔導師の一人。長身痩躯で、干からびたミイラを思わせる。濃い青色のローブに身を包み、その顔も褐色の頭蓋骨を思わせるが、眼窩は生命力を宿している。会議では青いサファイアの玉座に座る。
  • サルガネト
九大魔導師の一人。細身で小柄の、物静かに思える外観だが、血色の悪い小男。白髪で薄灰色のローブを着こんでいる。会議では、灰色の御影石の椅子に座る。
  • ラダマンドゥス・ヴォト
九大魔導師の一人。劇中では評議会に参加せず、彼の座る黄色い石の椅子は空のままだった。

レムリアの怪物

レムリアには、失われた動植物とともに、多くの怪物が存在する。

  • オプ
レムリア南方のジャングル地帯に生息する、角がある大蛇。全身を覆うトゲは剣の刃に似ており、それを用いて人間を突き刺し、そのまま食べる。学者によると、ギリシャ時代に生息した、角毒蛇ケラステスの前身と推測されている。
  • グラック
別名「トカゲ鷹」。俗に「空の恐怖」とも。全身を鱗に覆われ、鉤のように曲がった嘴と、青色の剛毛のトサカを備える。翼は固く、蝙蝠のそれに酷似。翼長は約3.6m。古生代の翼竜の生き残りと思われる。
  • ザムフ
サイ、または角竜トリケラトプスに似た巨獣。荷役および農耕の労働力に用いられている。脚は短めでスタミナがあり、蹄も固い。分厚い皮膚に覆われているが、耳のみが敏感。ここに鉄輪をはめて手綱を通し、御者は首筋のあたりに跨って御する。外観はやや凶悪だが、性質はおとなしく従順。調教しやすい草食獣であるため、レムリア各地で飼育され労働力にされている。
  • スロルグ
砂漠地帯に棲む人面の大蛇。人間の身長ほど、約1.8mほどの体長を有している。その頭部には、美しい人間の女性の顔を持つ。ツァルゴル国の火の神スリディドに使える僧侶たちは、このスロルグを何匹か捕え、『星の石』を安置した塔内に放ち、守護させている。
  • ゼマダル
先史時代のレムリアに生息した怪物の中でも、最も凶悪で凶暴な怪物。殺戮を好み、凄まじい狂暴さゆえに自らの死すらも恐れない。ワニやトカゲに似ており、全身緋色で、分厚い皮膚は鋼鉄に匹敵する。その体長は約6m。口元からは三本の牙が伸びており、その長さは約30cm。唾液は麻痺毒で、触れただけで獲物は麻痺してしまう。棘のある長い尻尾も、ムチのように振るって攻撃に用いる。普通の人間が戦っても、まず勝てない。唯一、硫黄色の眼のみが剣が通るものの、よほどの戦士でもなければ倒すのは不可能。
  • ポア
レムリアの河川に棲む河竜。クラゲのように、ジェリー状の透明な体組織を有しているため、水中から接近されても気付かれない事が多い。現在でも中央アフリカに生き残りが居るという。
  • スリツ
レムリア大陸南部の沼沢地、およびジャングル内など、熱帯性気候の地域に繁殖する人食い樹。花が麻痺毒の蒸気を放っており、近くを通りがかった動物がそれを吸うと昏倒してしまう。そのまま獲物を根で捕えて吸血し、己の栄養を補給する。血を吸うと、蝋色の花の花弁が燃えるような緋色に代わる。
囚人や罪人の処刑にも用いられている。処刑対象の罪人をこのスリツの樹近くに放り、血を吸わせるというもので、罪人が吸血される様子を見る事は、貴族たちの娯楽にもなっている。ゾンガーもこの刑に処されそうになった。

アイテム、特殊な品

  • ウルリウム

レムリアの錬金術師、オーリム・ポンが創造した、銀灰色の合成金属。完全に無重量の性質を有し、そのために浮遊する。この金属を用いて船などの乗り物を作り出せば、それは浮遊し飛行する事が可能になる。雷撃を受けると、無重量の性質が消えてしまう。

  • ネメディス号
ゾンガーがトゥルディス国から脱走する際に奪取した、トゥルディス国の最新兵器。技術者たちにより製造された『空飛ぶ船』で、その船体はウルリウム合金で構成されている。
その船体は植物の鞘のような形状で、舳先から船尾まで約6m。舳先と船尾、甲板部中央と竜骨下部に、それぞれプロペラが付き、ゼンマイ仕掛けで回転させる事ができる。
ウルリウムの特性で空中に浮かび、四方向のゼンマイのプロペラを回転させ、推力を得て前進・後退、上昇・下降が可能になる。甲板上には簡単な操縦盤が備え付けられており、四つのプロペラを動かす四本のレバーが付いている。これを上に上げれば上げるほど、プロペラの回転が速くなる。船体の形状から、海上に降下すればそのまま船としても用いる事は可能。
甲板中央部の小さな船室内には、寝台の他、照明用の油ランプの他、水と保存食などが入れられていた。
ゾンガーが奪取した後、チャシュの密林上空で、グラックに襲われて破損し墜落。しかしシャライシャにより修復され、霊剣を復活させるための冒険者たちの足となる。船名は、修復の際にシャライシャが名付けた。かつての古代王朝ネメディスから命名している。
冒険が終わった後、ゾンガーの所有物となった。のちにゾンガーは、王国を興した時にこれを量産し、空中船団を結成する。
  • 平原遊牧民の大強弓
飛行艇の、寝台に留められていた戦争用の大弓。
角を層状に重ね合わせた弓で、全長は1.8m以上。引き絞るのには並大抵の力では敵わず、普通の人間が普通につがえて矢を放つ事はほぼ不可能。弓弦は竜の腸を用い、用いる矢の長さは大槍の半分ほど。矢の鏃も、カミソリのような鋭利な鋼鉄製。
この弓はレムリア大陸極西部の平原に住む、青い肌の遊牧民イェガ族が良く用いている。これを愛用していたと言われている「青い肌の巨人ルモアハル」の伝説は、ゾンガーも耳にした事があった。
トゥルディス王バル・トゥルリドは、飛行艇を何艘か建造し、この強弓の射手を乗せて、空中から敵軍へ矢を掃射する部隊の編成計画を有していた。
  • 星の石
数千年前に、天からツァルゴル国の土地に落下した異様な石塊。当初は月の欠片と思われていたが、血の神スリディドを崇めるツァルゴル国のドルイド僧たちが『星の石』と呼称するように。流星の中心部のみが燃えずに残ったもので、スリディドの偉大な魔力が込められている。ツァルゴル国では、これを王国神殿内の、赤い塔の内部に安置し祀っている。
  • ネメディスの霊剣
六千年以上前の太古の昔に、人類を隷属していた悪竜族を打ち滅ぼした神々の剣。人類の英雄ズンガルトが神々に祈りをささげた時、古代王国ネメディスの城砦に現れたゴルム神がズンガルトに授けた。
神々が星々の欠片を用い鍛え上げた剣で、強大なる力を秘めている。この剣を用い、ズンガルトは己の命と引き換えに、人類を隷属する悪竜とその王を葬り、勝利をもたらした。
オリジナルの剣は、既に失われて久しいが、悪竜たちが復活の兆しを見せたため、シャライシャは新たな剣を必要としていた。

書籍

ハヤカワ文庫より、全六巻が発売。
一巻:ゾンガーと魔道師の王(THONGOR AND THE WIZARD OF LEMURIA)
二巻:ゾンガーと竜の都(THONGOR AND THE DRAGON CITY)
三巻:邪神と戦うゾンガー(THONGOR AGAINST THE GODS)
四巻:ゾンガーと魔道師の都(THONGOR IN THE CITY OF MAGICIANS)
五巻:時の果てに立つゾンガー(THONGOR AT THE END OF TIME)
六巻:海賊と戦うゾンガー(THONGOR FIGHTS THE PIRATES OF TARAKUS)
これらの本編の他、ゾンガーの短編が三本ほど存在する様子だが、邦訳は為されていない。
そのうちの一編は、若き日のゾンガーの活躍を描いた前日談。自身の一族を滅ぼされた後に盗賊稼業を行っていたゾンガーが、失われた都市の城砦地下にて、魔法の宝石の力で700年を生きた魔道師と対決するというもの。

関連記事

親記事

ファンタジー ふぁんたじー

兄弟記事

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました