ピクシブ百科事典

ロッソとビアンコ

ろっそとびあんこ

『明日のナージャ』に登場する2人組みの探偵。
目次[非表示]

声優

ロッソビアンコ
乃村健次小嶋一成

人物

ナージャの実の祖父・プレミンジャー公爵の依頼で、ナージャを探していた探偵だったが、その最中にヘルマンと出くわし、金で買収されナージャのブローチを盗む事になってしまった。

物語の冒頭ではナージャを発見するがその最中に孤児院・アップルフィールドのある部屋に火をつけてしまい、孤児院は火事になってしまったうえにある青年によってナージャを取り逃がしてしまう。そのせいでナージャは、ダンデライオン一座に加わりアップルフィールドから逃げ出すことになってしまった。
序盤ではナージャを発見しては様々な妨害やトラブルを受けては取り逃がしている。またヘルマンがナージャの居場所を掴んでは彼らに教えようとしても、来たときはその場にいなくなっているためなかなか見つからなかった。

中盤では孤児院の院長から、ナージャがその幼馴染のローズマリースペイングラナドで会った事を聞き、彼女がメイドとして働いていたゴンザレス邸を訪れてナージャが旅芸人の一座の踊り子として旅している事を知り(同時にローズマリーはナージャが貴族の娘だということを知り、激しく嫉妬してナージャに復讐するために自らゴンザレス邸を出て彼らと手を組もうとする)、それを目印にエジプトでナージャを見つけ出し、ブローチをヘルマンに届けて連れて来たローズマリーを偽者に仕立てる。

終盤ではヘルマンと手を切り、ナージャにプレミンジャー公爵への手紙を届けさせて、ナージャの無実が晴れた後で、逮捕される。

外見

二人とも服装は大体同じだが、シャツはそれぞれ赤と白。また体系はロッソは太めで、ビアンコは細め。

性格

性格は極めてドジで、特にビアンコはしょっちゅう余計なことをいってはロッソに叱られる。
しかし実際はおひとよしで、漫画版ではナージャの『ブローチを返して!』の一言が頭から離れられずに、自ら自分達の罪をプレミンジャー公爵に告白して、2人は警察送りにならずにすんだ。

余談

ロッソとビアンコがローズマリーを連れているとしたら、彼らはナージャをエジプトのピラミッドの中で追いつめた際に、ローズマリーのことで脅してブローチを奪うはずだった。
それに冒頭でナージャを発見したとしてもブローチを渡さない場合は彼女ごと捕まえて、ヘルマンに見せれば、ヘルマンも何か良い案を浮かべるのかもしれない。

関連タグ

明日のナージャ
探偵

コメント