ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

三平三平の祖父。歳は60過ぎ。和竿作りを生業としている。

温かくも厳しさをもち、身辺を飾らない素朴で心の広い老爺。
三平にとっては第一の釣りの師でもあり、長年にわたって両親のいない彼の親代わりを務めてきた。

釣り人として

釣りのスタイルは、昔ながらの延べ竿(リールを用いない釣竿のこと)主体。
その技術や知識は極めて深く、作中ではY川における鮎釣り大会で近々10回中6回の優勝を果たすほどで、名人として名を知られている。

また、釣りの面白さは
「やたら数釣ればいいのではなく、狙ったポイントから一匹一匹を吟味して釣ること」
「釣りの基本は生餌であり、疑似餌は目立つことばかりに囚われて自然さを損なってはいけない」
と説いたこともあった。

ただ、延べ竿が制限の多い釣り方であることや高齢であることもあり、さすがに大物との駆け引きは得意ではない。
他にも様々な釣り人の話や釣り具職人、魚(特に淡水魚)に関わる人物についての令聞、交友関係も豊富。

職人として

和竿職人として名高く、釣り人の間では「一平竿」として有名。
第一回釣り具コンクールにおいては、山女魚竿で和竿部門の最高賞を受賞したこともある。
他にも20mちかいポイントへ打ち込むべく作成した9mの渓流竿(和竿としてみた場合、通常の倍近い長さ)は、釣り人からすれば度肝を抜く代物。

また、「釣竿は道具である以上、実用的であること」にこだわっている。
そのため「床の間に飾るためだけの竿を作ってほしい」と頼まれた際はいつもの好々爺が嘘のように烈火の如く怒り、刈り取って乾燥させただけの竹を「お前にはこれで十分だ!」と投げつけて相手を追い返したことも。
この「実用的であること」を重視する信念から、当時まだ目新しかったグラスファイバー製の釣竿やルアーロッドに対しても否定することなく、好意的に評価している。

ただ、そのために毛鉤部門で最高賞を受賞し、パーティーの席で同卓だった毛鉤山人には上述の疑似餌の件で誤解をさせ、わだかまりをつくってしまっている。
後に山人が真意を悟るまでは、孫ともども酷く嫌われてしまっていた(一平本人は山人を深く尊敬しており、彼が悟るまで黙っていた。山人が真意を悟ってからはわだかまりも解け、互いに尊敬しあっている)。

作中での軌跡

三平らと釣行をともにし、時に魚紳とともに皆を導くなど、終始釣友および年長者として見守っていた。
沢から転落して一時は生死の境を彷徨うも、半ば天涯孤独の身である三平が本当に独りぼっちになってしまうことを恐れ、生還したこともあった。
自身が高齢である事も含めて三平の行く末を案じており、三平名義で貯金の積立をしていたほか、懇意とはいえ他人にほかならない魚神に恥を忍んで身内の事情を明かし、行方不明になった三平の父であり息子でもある・平(たいら)の捜索を依頼している。


そして最終章・・・。


ある日三平がいつものように釣りから帰宅するも、返事がない。
うたた寝をしてしまったのかと思ったのも束の間。
ただただ穏やかに、この世を去っていたのである。
竿と矯め木を手にしたままの、いつもと変わらない姿で。
齢77、初冬のことであった。


実は亡くなる前には、今までに得た情報から平と思しき人物に目星を付けており、魚紳に確認を依頼していた。
その推察は正しく、見事魚紳は平の所在を突きとめることとなり、三平を独りぼっちにさせない思いは結実することとなる。

クニマスとの縁

三平が成長した平成版では、若い頃療養に訪れた秋田県にてクニマスを口にしていたことが語られ、更に開発で生息域の田沢湖が荒らされると知り、分けてもらった卵を地図にない秘境の地底湖に放っていたことを生前三平に伝えていたことが判明。三平と魚紳がそこに向かうと、クニマスは願い通り人知れず大繁殖を遂げていた。
後に実際に山梨県の西湖でクニマスが再発見されると、その経緯が奇遇にも酷似していたことから、話題を呼んだ。

関連タグ

釣りキチ三平

関連記事

親記事

釣りキチ三平 つりきちさんぺい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「三平一平」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10343

コメント