ピクシブ百科事典

三法師

さんほうし

三法師(さんほうし) 引用記事

三法師とは、織田秀信の幼名である。
戦国モノの小説やドラマなどで清洲会議のシーンに登場する
童のような小さい男児が毎度いるが、それが彼である。
権謀術数の犠牲者や無垢な癒し系という描写が強いが、それらはあくまで後世のイメージである。
また高確率で彼のその後が描かれることはない

コメント