ピクシブ百科事典

不知火・弐型

しらぬいにがた

マブラヴ オルタネイティブ、及びトータルイクリプスに登場する戦術機。 別名「94セカンド」

Wikiより引用

概要

XFJ-01a 不知火・弐型
日本帝国軍の次期主力戦術機開発計画“XFJ計画”の一環で開発された概念実証試験機。
稼働時間の少なさという欠点を克服するため、「不知火・壱型丙」の機体各所にアメリカ製のパーツが組み込まれている。
物語中盤以降のユウヤの機体。
フェイズ1の時点では壱型丙と同じ外見だったが、試験段階がフェイズ2に移行した際に両肩及び腰部にスラスターが追加され、同時に外装も変更されている。
2番機とは違う主機(ジネラルエレクトロニクス製F-140)を搭載している。
変更当初は紅白を基調としたデモンストレーターカラーで塗装されていたが、後に対戦術機戦闘演習「ブルーフラッグ」に参加する際、テストパイロットを務めるユウヤの「敵戦術機に目視・パターン認識されやすい」という意見を汲み、白を基調としたモノトーンカラーに機体色が変更されている。
不知火・弐型開発時からYF-23の基礎研究やパーツなどが廻されており最終的にはF-22Aすら上回る機体性能の不知火・弐型フェイズ3も用意されている。
一号機にはYF-23譲りの機能を装備している

XFJ-01b 不知火・弐型
日本帝国軍の“XFJ計画”で開発された概念実証試験機の2番機。
1番機と違い濃紺を基調としたカラーリングが特徴だが、データ収集のため1番機とは違う主機(プラッツ & ウィットニー社製F-133-PW-100)が搭載されている。
中盤以降にタリサが搭乗する機体。
最終的には2号機もフェイズ3へと改修され。一時的に唯依が搭乗することになる。
機体特性などはYF-23譲りながらステルス機能などは全てをオミットして完成させている。

関連タグ
マブラヴ オルタネイティブ アルゴス試験少隊
篁唯依 ユウヤ・ブリッジス
戦術機 XFJ計画 不知火 不知火・壱型丙

pixivに投稿された作品 pixivで「不知火・弐型」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14590

コメント