ピクシブ百科事典

中野重治(文豪とアルケミスト)

なかのしげはる

ブラウザゲーム「文豪とアルケミスト」に登場するキャラクター。
目次[非表示]

「中野重治といいます。しげじとか、じゅうじとか言われていたこともあったかな」

プロフィール

名前中野 重治(なかの しげはる)
図鑑No.No.026
武器
レアリティ無地
精神不安定
代表作『歌のわかれ』『むらぎも』『梨の花』
派閥プロレタリア
文学傾向純文学
趣味嗜好議論すること
CV赤羽根健治


公式人物紹介

『冷静で落ち着いた顔をしつつも、心には罪悪感を抱えた青年。かつて己の信念よりも、文学活動を選んでしまった自分の選択を後悔している。自分の意見はしっかりと持っているようなのだが、遠回しな批判をする傾向がある。また、意外にも大雑把で小さいことにはあまりこだわらない。文豪一、字が汚いとの評判。』
※ゲーム内図鑑より引用

概要

文豪とアルケミスト』にて、文豪中野重治がプレイヤーであるアルケミストにより転生させられた姿。
ゲーム開始時に選べる四人の文豪のうちの一人で、この時点で選ばなくてもステージドロップや有魂書でまた出会うことも可能。

ゲーム内でのキャラクター像

冷静沈着といった印象を与える青年。弁が立つらしく、論戦が得意分野と自負している。
生前にあった出来事から常に自責の念を抱えており、自罰的な言動をすることも少なくない。また過去に拷問を受けたことがトラウマとして残っているようで、弱った際にはそれらが蘇ってしまう。侵蝕者との戦いの中で、そういった後悔にまみれた感情と決別したいと考えているようだ。
字が汚く、手紙では友人である堀辰雄小林多喜二に突っ込まれている。
武器の『刃』は梨の花と思われる装飾が施された、フランベルジュクリスダガーを思わせる波打った形状の刃をしている。

元ネタ

  • モデルとなった中野重治は大学時代からマルクス主義やプロレタリア文学運動にしていたが1932年に検挙される。その後1934年にその思想を放棄することを条件に出獄した。ゲーム内で見られる彼の後悔している事象はこれと考えられる。
  • 『文豪一、字が汚いとの評判』とあるが、現存している彼の原稿に書かれた字は書かれた当時としても現代人の目で見ても非常に癖のある筆跡である。本人も自覚していたようで、書簡の中でも『字を上手にかけるようになりたいがどうしてもダメだ。』とも零している。


関連イラスト

重治はいいぞ
梨の花


無題



関連タグ

文豪とアルケミスト
堀辰雄(文豪とアルケミスト)
小林多喜二(文豪とアルケミスト)
室生犀星(文豪とアルケミスト)
徳永直(文豪とアルケミスト)

関連記事

親記事

文豪とアルケミスト ぶんごうとあるけみすと

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「中野重治(文豪とアルケミスト)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 719423

コメント