ピクシブ百科事典

織田作之助(文豪とアルケミスト)

おださくのすけ

DMMが配信するブラウザゲーム「文豪とアルケミスト」に登場するキャラクター
目次[非表示]

オダサクこと、織田作之助や! これからよろしゅうおたの申しますー

プロフィール

名前織田作之助(おだ さくのすけ)
図鑑No.No.030
武器
レアリティ無地
精神安定
代表作『夫婦善哉』『青春の逆説』
派閥無頼派
文学傾向純文学
趣味嗜好生卵が乗ったライスカレーが好物
CV小野坂昌也

公式人物紹介

『大阪で生まれ育った、生粋の大阪弁を話す陽気な青年。美男子を自称するなど歯に衣着せぬ物言いが目立つ。
持ち前のサービス精神から無理をし過ぎてしまうことも多いが、周りの心配に対しては独特の高笑いで誤魔化すばかり。どうやら体があまり強くないことを気にしており何が何でも明るく振る舞おうとしているようだ。』
                                 ※ゲーム内図鑑より引用

概要

文豪とアルケミスト』にて、文豪織田作之助がプレイヤーであるアルケミストにより転生させられた姿。
ゲーム開始時に選べる四人の文豪のうちの一人で、この時点で選ばなくてもステージドロップや有魂書でまた出会うことも可能。

ゲーム内でのキャラクター像

自らを美男子と言ってはばからない、長い黒髪の三つ編みと大阪弁が特徴的な青年。プレイヤーである司書の事は『お司書はん』と呼ぶ。
台詞ではおどけたような明るい物言いが印象的で、また地元である大阪らしいネタの発言も多い。生前は体の弱さと不養生がたたり若くして亡くなったが、そうした側面を見せないよう努めている。
同じく無頼派の太宰治坂口安吾は転生後も変わらぬ親友同士だが、時折不健康さを心配されることも。
武器の「刀」は二振りのナイフの形状をしており、二刀流で戦う。

元ネタ

  • 図書館への帰還時に『あ~しんど。カレー食べに行けへん?』といった台詞を発するが、実際の織田作之助が名物カレーで有名な大阪の「自由軒」の常連であったことが由来と思われる。彼は毎日のようにそれを食していたらしく、代表作『夫婦善哉』もここで構想が練られていたという。
  • 『体があまり強くない』とあるが病弱な一面があり、織田は第三高等学校(現在の京都大学)の卒業試験の際に途中で喀血し療養を余儀なくされるといったことがあった。そういった出来事も経て、彼は1946年に結核により33歳で夭逝した。
  • 台詞によく登場する『元気の出るお薬』だが、織田は生前よくヒロポンを愛用しており由来はそこからと思われる。尚作中で彼が言い使用する薬がヒロポンを指すのかは不明である。(因みにヒロポンが劇薬指定されたのは1949年、覚せい剤取締法の施行は1951年なので彼が存命であった時には合法であった。)

関連イラスト

初期文豪ワンドロ
2017


無題
巡り巡る


関連タグ

文豪とアルケミスト
太宰治(文豪とアルケミスト)
坂口安吾(文豪とアルケミスト)
室生犀星(文豪とアルケミスト)
三好達治(文豪とアルケミスト)

pixivに投稿された作品 pixivで「織田作之助(文豪とアルケミスト)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1125504

コメント