ピクシブ百科事典

五十鈴(アズールレーン)

いすず

艦船擬人化STG「アズールレーン」に登場する、びびりでかわいい、長良型「五十鈴」の擬人化
目次[非表示]

重桜長良型軽巡の五十鈴だよ。スンダ列島、ソロモン諸島、ガダルカナル島の戦いに参加した。えっと、あてとコンビを組んだ人は出世した人が多いんよ、指揮官も頑張って偉くなってねー

概要は明かり付けないと怖いよね……

CV:鬼頭明里
レアリティ:R

スマホアプリ「アズールレーン」に登場する五十鈴の擬人化キャラクター。所属は重桜

大陸表記では「五十铃」、ゲーム中では「貉(ムジナ)」。

あてちゃんこと長良姉妹の一人であり、唯一のRレア。それ故か、五十鈴は建造等では出てなく、海域でのドロップでしか入手できない。


入手方……法?

驚く事なかれ。本編7-3だけである。
7章の3話にしか出てこない

同じようなSSR以下で特定海域1つのみでしかドロップしないのは8章の雷電姉妹などがいる。彼女のはその先駆けと言えるだろう。
純粋に難易度が高い8章と違い此方はMAP構成が特殊であり、4角のどこかでボスが出るのだが、

  • その4角はどこも島地形で行きづらい
  • 示し合わせたかのようにその一つしかない道を一度に塞ぐように敵艦が出てくる
この2点が曲者すぎて、周回が思うようにいかない事に定評がある。というか7章海域はそんな所ばかりである

そのため、8章の雷電姉妹は勿論、SSRの赤賀・夕立よりも出ないなんて人もいる事が……
そのメカニズムの一つとして、上述のように単純に周回しづらいという事情もあったり…

指揮官、キャラクター像だよ…呪いの手紙じゃないよね……

他の長良型と同じで焦茶色の髪とちんまりとした鬼角を持つ、あてちゃんズの一角。オレンジリボンとサイドテールが魅力的。瞳の色は他の長良姉妹と同じで琥珀色。
ただ何故かこの子は服がブッカブカ。Tシャツもニットブレザーも長良のそれっぽいが明らかにサイズが五十鈴に合っていない。そのせいでちょっと胸元が見えている。そしてスカートが無い早さのために犠牲にしたのだろうか…まぁ黒タイツ穿いてるからええやろ。

そのためか、二の腕につけられたはずの鈴は首からかけるしかなくなっている。




公式立ち絵では何か怒っているような戸惑っているような複雑な表情をしているが、これはビビっているのである。初手「うにゃ!?」と指揮官に対して全力でビビり、秘書艦にしてログインすると「うにゃあああああ!!」と更にビビる。曰く「オバケ」と行った「変なもの」が見えるらしく、その未知の存在を恐れている。色々とみているから簡単には脅かされないと良いながらも、指揮官が胸を触ると、触った事に全力でビビる。申し訳なくなる。

全体的に他の子を信じて折らず、呪いのメールとか変なモノを持ってこないか常にビクビクしている。
曰く、いじめられっ子気質らしく、自分に優しくしてくれるのは指揮官だけとの事。そのため、指揮官の事は温かいと言いながらもふもふするくらい懐いている。でも指揮官も肝試しに連れて行って彼女をいじっている辺り、そうさせてしまう「何か」を彼女は持っているのだろう。


うへええ…性能はオバケだったの??

対空に関してはレアリティ詐欺。まず、改でもないのに対空装備補正値が160%。更に対空砲座+1によってそれが2倍。対空数値は長良型では最強。その対空火力はスペックだけで言えばSSRの艦載機絶対殺すマンことサンディエゴ(改前)を超える

プラス「対空配置」という火力を下げる代わりに対空値を上げるスキルを所持しているため、うまくハマれば更に制空能力が尖るため、演習などでレアとナメて掛かると空母の攻撃が蚊とんぼの一刺しレベルまで小さくされる。勿論味方の時にはかなり頼りになる艦載機キラーである。


ちなみに別の世界では五十鈴は対潜女王だが、こちらでは対潜値はそこそこ。低くはないが抜きんでいるわけでもない。こちらの彼女の本懐は安定した対空にある。

関連イラスト……あったかいよぉ……(もふもふ

花嫁イラストコンテスト
五十鈴(5)ちゃん


碧蓝航线-五十铃
フェアリーテイルナイト




立ち絵


pixiv内で最も古い五十鈴の画像(タグ一致では発見できない)。2枚目と3枚目にはカッシンダウンズの画像もある。彼女だけ全身じゃないのは入手手段が特殊だからか。
全てキャラクターデザインを行った大月紅葉氏ご本人のイラスト。


へ、へんな関連タグ急に出てきたりしないよね?!

アズールレーン 長良型 五十鈴

長良(アズールレーン)
阿武隈(アズールレーン)

フェアリーテイルナイト スキン

pixivに投稿された作品 pixivで「五十鈴(アズールレーン)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 147474

コメント