ピクシブ百科事典

伊達杏子

だてきょうこ

伊達杏子とは大手芸能プロダクションホリプロが世に送り出した3DCGバーチャルアイドルである。
目次[非表示]

概要

 1996年にホリプロ肝いりで開発され、デビューしたバーチャルアイドルである。開発当時ホリプロは伊達杏子を、「病気をしない、スキャンダルもない、多チャンネル時代に対応して全世界同時に同じ時間に露出できる、声や歌などは世界中のどこの国の言語とも交換できグローバルな活動を、安く、早く、正確に表現できるといった利点を持つ、正に21世紀におけるマルチメディア時代に対応した『夢のタレント第1号』」と位置づけていた。 当初はDK-96の名称で開発が進められた。しかし思ったほど人気が出ず2001年にデザイン変更の上2代目がデビュー、懲りずに2007年に3代目が再デビューするも2018年現在大きな人気は得られていない。

キャラクターのプロフィール(DK-96時)

・本名:伊達杏子(友人からのニックネームは「ダテキョー」)
・芸名:伊達杏子 DK-96
・生年月日:1979年10月26日(16歳)
・出身地:東京都福生市
・身長:163cm
・体重:43kg
・スリーサイズ:B83・W56・H82
・血液型:A
・家族:両親と一つ年下の妹の4人家族で、寿司屋を経営。
・特技:スポーツ全般、ダンス、イラスト
・趣味:スニーカー集め、外国語、写真

結末

 伊達杏子はホリプロのアイドルとしてデビューしたものの人気に火が付くことはなかった。理由は当時3DCGは最先端の技術であったためテレビに出演するだけで莫大なコストがかかること、同じ時代に成功したときめきメモリアル藤崎詩織と比較して他のコンテンツなどとのつながりが弱かったためであった。彼女は3DCGでありバーチャルな存在であったものの、旧来のアイドルの延長上の「究極のアイドル」でしかなかった。 このようなキャラが本格的に成功を収めるようになるのはコンピューターの発展が不可欠であったのである。「バーチャルアイドル」が世間に広がるようにになるにはインターネットの中ではぐくまれ、アニメやゲームのファンの方からも支持をえた初音ミクなどの誕生を待つことになる。

 

関連項目

 アイドル ホリプロ バーチャルアイドル

pixivに投稿された作品 pixivで「伊達杏子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17

コメント