ピクシブ百科事典

六歌仙

ろっかせん

紀貫之が各々の歌風を批評した六人の歌人。

概要

六歌仙は『古今和歌集仮名序』において紀貫之が「近き世にその名きこえたる人」として挙げた、各々の歌風を批評した六人の歌人、僧正遍昭在原業平文屋康秀喜撰法師小野小町大友黒主のことである。ただし「六歌仙」という名称そのものは、後代になって呼ばれるようになったものである。

関連タグ

平安時代
歌人

pixivに投稿された作品 pixivで「六歌仙」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 713

コメント