ピクシブ百科事典

創世の巫女

そうせいのみこ

《創世の巫女マユ》は、TCG『WIXOSS』に登場するレベル5ルリグの一体である。
目次[非表示]

※このイラストはkeypot氏が商品デザインとして描かれたものである。

概要

第5弾ブースターパック『ビギニングセレクター』で出たレベル5のルリグでタマとイオナのルリグタイプを持つ。
繭と同じ名前になっているのはタマユキ(イオナ)が一つとなったからである。
テキストフレーバー
「私は、受け入れる。最後の選択を…。 ~マユ~」(LRver)
「これからも、私は探し続ける。るうの選択。 ~るう子~」(シークレットver)

性能

グロウ条件

レベル4のタマイオナのルリグがいる場合、ルリグデッキからタマイオナのルリグを公開しルリグの下に入れることが条件。
この条件により0~4のタマかイオナのルリグとイオナかタマのルリグ、そしてこのルリグをデッキに入れるため、ルリグデッキの自由枠が3枚に減らされる。

効果1

ルリグトラッシュにあるルリグをすべてこのルリグの下に置き、ルリグトラッシュにある白と黒のアーツをルリグデッキに戻す出現時効果をもつ。
これによりエクシードやアーツを使いまわせるためアーツが少ないというデメリットを抑えて強力である。

効果2

エクシード(ルリグの下のルリグカード)を1枚消費することでターン終了まで対戦相手のすべてのシグニの効果をなくす起動効果を持つ。
相手の厄介な常時効果と自動効果を無効にできるため安心して攻撃できる。

効果3

エクシードを5枚消費しすべてのエナと手札を捨てることで追加の1ターンを得る強力な起動効果を持つ。
エナと手札がなくなるが追加の1ターンで相手に追撃するチャンスが生まれるためタイミングを見計らえば勝利に近づきやすくなる。

余談であるがルリグタイプはタマとイオナであるため二人の専用カードが使える。
そのため不意を突いてタマとイオナの専用カードを混ぜてこのルリグで専用カード使いたい放題という戦略ができる。
しかし公式曰く「混ぜるな危険」と念を押すほどデッキ事故の危険があるため、むやみに混ぜない方が無難である。

注意

繭の部屋では同時使用制限として『真名の巫女 マユ』と同じデッキに入れて使用することができない。TV版のこのカードにするか映画版の真名にするかの一択である。

アニメでの活躍

本編最終回のネタバレ注意!自己責任でスクロールをお願いします。
















ウリスの最終決戦時、繭の呪縛から解いたタマと弱り切ったユキ(イオナ)が一つとなって現れたルリグ。
彼女が現れたとき繭は自分と同じ名前が出て動揺した。
繭を止めるべく戦うマユとるう子。そしてレベル5のウリスの効果を見事回避し勝利する。

TCGとアニメでは髪の色に若干の違いが見られる。TCG(メインイラスト)はココア色でアニメ(下)では薄い青緑色。

LRIG-MAYU



関連タグ

ルリグ ユキ(イオナ) タマ 小湊るう子
ウトゥルス - TCGに登場するウムルタウィルの融合体

pixivに投稿された作品 pixivで「創世の巫女」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 39170

コメント