ピクシブ百科事典

千の仔を孕みし森の黒山羊

せんのこをはらみしもりのくろやぎ

千の仔を孕みし森の黒山羊とは、クトゥルフ神話に登場する神性「シュブ=ニグラス」の異名の一つ。

概要

原語は”The Black Goat of the Woods with a Thousand Young”。

「千の仔を孕みし」はwith a Thousand Youngを訳したものであるが、「千の仔をともなった」「千の仔を連れた」とも訳せる。

仔(Young)とはシュブ=ニグラスの落とし子で奉仕種族である「ダークヤング(Dark Young、黒い仔山羊)」を指しており、シュブ=ニグラスのもとで蠢く、枝のかわりに触手を生やした巨樹めいたダークヤングたちを描いたイラストも存在する。

妊娠のニュアンスが濃い訳語が設定されたためか、pixivにおいて妊婦の特徴を持つシュブ=ニグラスのイラストも投稿されている。
中国語においても「孕育千万子孙的森之黑山羊」という訳がなされている。「孕育」とは「身ごもって産む」「産み育てる」という意味。

関連タグ

グレートマザー 黒魔術
姉なるもの:ヒロインが作中でこの異名(作中での表記は「千の仔孕む森の黒山羊」)を名乗っている。

関連記事

親記事

シュブ=ニグラス しゅぶにぐらす

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「千の仔を孕みし森の黒山羊」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 413

コメント