ピクシブ百科事典

黒い仔山羊

くろいこやぎ

黒い仔山羊とは、クトゥルフ神話における奉仕種族。

概要

 シュブ=ニグラスが産んだ子供、またはシュブ=ニグラス本人と言われている。
 一般的にはシュブ=ニグラスの奉仕種族として登場し、シュブ=ニグラスを崇拝する土地によく出現するという。
 その姿はロープのような触手で形作られた、巨大な樹木のような姿をし、太い四本の脚を持ち、獲物を捕らえる無数の小枝のように生えた触手、樹木の幹に当たる部分には巨大な口を持つ(もしくは、胃袋と直結した孔が開いている)。
 出現すると周囲には死臭が満ちてきて、気が付いたら見上げるほど大きな黒い木に取り囲まれているのである。

 ロバート・ブロックの『無人の家で発見された手記』では、郵便配達員のキャップ・プリチェットという男がこの怪物を見て「ショゴス」と誤認している。

関連項目

クトゥルフ神話

関連記事

親記事

シュブ=ニグラス しゅぶにぐらす

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「黒い仔山羊」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12280

コメント