ピクシブ百科事典

目次[非表示]

猫は家畜じゃなくて、家族でしょ。
・・・猫好きなんすよ、俺
CV:内田雄馬

原作について

原作「クオリディア・コード」は複数のメディアミックスで展開されており、初見では把握し辛い上にアニメと小説で方向性が異なるため紹介しておく。
どのキャラクターも前日譚を読んでいるかで印象が大きく変わってくる傾向にあるので、キャラクターを重要視するなら前日譚に触れることをオススメしたい。

前日譚

後述のアニメとは全く別の作品
4作品で合計7冊あるものの陣営ごとに作品が分かれているため読むのは気になる陣営のみでOK。アニメを視聴していなくても問題ない。むしろアニメが盛大なネタバレになっている陣営もあるので注意。
霞は千葉編にあたる「どうでもいい 世界なんて」(全2巻)の主人公として登場する。
本編で登場する主人公やヒロイン、世界観の掘り下げは専ら前日譚で行われるため、霞のことを知りたいならアニメよりも重要。編集者としてはアニメより前日譚から入ることをオススメしたい。
アニメではあまり描かれなかった妹と二人きりのときのやり取りや、戦時下の世界を生き抜いてきた二人の兄妹愛が描かれる。前日譚でしか登場しない設定やキャラクターも多い。
他の陣営の前日譚にも言えることだが、前日譚はアニメとは違い「人対人」のエピソードがメインであり「どうでもいい 世界なんて」はとくにそれが顕著である。

アニメ「クオリディア・コード」

全12話。2016年7月~9月に放映。シリーズの本編にあたるがアニメが先行(いわゆるアニオリ)でノベライズが後発。
さがら総、橘公司、渡航の3名による合作であり作家毎に主人公、ヒロインが1組ずつ居るため1クールアニメながら主役クラスのキャラクターが6人登場する。
霞は渡航担当の千葉陣営の主人公であり、とくに2話、8話で活躍する。
尺の都合か人物の掘り下げが薄く(というより千葉組は深堀りが全く無い)、前日譚と比べて主役6人とも性格に多少のブレがあるため、各キャラクターのことを知るには前日譚を読む必要がある。

ノベライズ「クオリディア・コード」

全3巻。アニメのエピソードを元に小説化したもの。話の大筋はアニメ版とほぼ同じだが、小説特有の表現などで人物の心情描写がアニメ版とは段違いなほど細かくなっており、ファン的には欠かせないシーンも多い。

コミカライズ「クオリディア・コード」

全2巻。アニメのエピソードを元に漫画化したもの。アニメでいう7話までしか収録されておらずノベライズと違い漫画版特有のシーンも無いのでコレクター向け。

円盤特典

アニメのDVD/BDにそれぞれ特典として書き下ろし小説がついてくる。4巻、5巻の特典が千葉陣営メインの内容であり、千葉陣営推しならとくに4巻は抑えておきたい。二次創作顔負けのイチャイチャぶりが楽しめる。

人物像

防衛都市の一つ千葉校の次席。首席の千種明日葉の兄でもある。
明日葉こそ自分の全てといったような重度のシスコンで、首席だがデスクワークをしない妹に代わって都市の運営計画などのデスクワークを一手に引き受けている。
何よりも妹の幸せが第一であり他の物事に関心が薄く自己犠牲的。人を平気で撃てるのも妹が最優先事項なため。
自称明日葉の保護者。家事や仕事をこなしたり妹を溺愛している様子は兄を通り越して父親のようであり、実際アニメのノベライズでは二人が親子に例えられているシーンが複数ある。

皮肉屋な現実主義者で、妹曰く「他人の悪意に対してカウンターする事でコミュニケーションを取る」ため、皮肉が通じない宇多良カナリア天河舞姫は苦手としている。
基本的にローテンションでやる気無く振る舞っているため、クソ真面目な朱雀壱弥には嫌がらせを行い度々喧嘩しているが、実態としては同族嫌悪に近い。
前日譚では喧嘩相手の朱雀がいないこともあってかアニメに比べると丸くなっている印象を受ける。

能力

異常なほど聴力に優れ、それを活かしたエコーロケーション等を利用したサーチ能力を持つ。
命気(オーラ)強化が使えない事から生身は弱いが、ライフルによる狙撃の腕は高く、味方をよけて敵をヘッドショットで射殺するほど。
しかし、戦闘には積極的に参加しないため、順位は非常に低い(本人曰くどんどん下がってる)。
また、ほたる公認の発想力も武器で、その発想力と明日葉の能力で、舞姫のピンチに超遠距離にほたるを送り舞姫の援護に回している。

実は強キャラなのでは?と思われがちだが本当に弱い。しかし弱さにも理由がある。
霞の<世界>(子どもたちが持つ超能力)は常時開放型であり、調整を誤ると音の奔流に精神が押しつぶされてしまうというリスクを抱えている。そのため、他の子どもたちなら命気は自身の戦闘力上昇にあてるところを霞は<世界>の調整に割いている。
前日譚では<世界>の酷使で2度昏倒しており妹を泣かせることとなった。

前日譚「どうでもいい世界なんて」※ネタバレあり

時系列としては本編の1年前にあたり、戦闘科在籍であるもののランキングが低い(敵の撃破数で評価されるためスナイパーは不利)ため生産科に出向させられている。
戦闘科の独裁から脱却を図るために千葉首席を目指す釣瓶朝顔という同僚のサポートに奔走した。ただし、霞の目的、行動原理は「明日葉と幸せに暮すこと」だけであり、霞にとって朝顔が首席になることはあくまでも目的達成のための手段でしかなかった。
将来の首席候補と評された明日葉と落ちこぼれの霞では、何れ地位の差から引き離されてしまうことが明白だったため、その未来を阻止するべく朝顔に加担した。

千種兄妹自身は首席・次席という地位に興味はなかったが、終盤で首席候補両名の不正が暴露され両者共倒れとなったため、事態を収拾するべく消去法的に霞が首席に立候補することになる。
しかし、戦いに向いていない兄が首席という重責を背負わされることを案じた明日葉が霞から首席の座を横取りし、霞は戦闘以外でろくに仕事をしない妹の補佐として次席に就任する形となった。

関連タグ

クオリディア・コード
千種明日葉 朱雀壱弥 宇多良カナリア 天河舞姫 凛堂ほたる
お前が言うな シスコン スナイパー ポチッとな 百発百中 家族愛

比企谷八幡…作者繋がり(千葉は渡航担当)。皮肉な言動も似た所がある。

関連記事

親記事

千種兄妹 ちぐさきょうだい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「千種霞」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「千種霞」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1467881

コメント