ピクシブ百科事典

右代宮夏妃

うしろみやなつひ

右代宮夏妃とは、同人サークル07th Expansion制作のサウンドノベル『うみねこのなく頃に』の登場人物。
目次[非表示]

プロフィール

年齢51歳~53歳?
性別
誕生日7月30日
血液型A型
序列第10位
篠原恵美


概要

右代宮蔵臼の妻で、娘に右代宮朱志香が居る。
住所は右代宮本家であり、ビジネスに執心する夫に代わり、本家を切り盛りしている。
作中で開かれる親族会議の準備を行っているのも彼女。
親族会議以外でも、使用人のシフトなどを管理しているようだ。

自尊心の強い生真面目な性格をしている。その為か冗談が通じない時がある。
常に頭痛に苛まれており、いつも気難しい表情を見せている。

『逃れ得ぬ運命』によって右代宮家に嫁いだ、神職に通じる名家の女性。
その為、右代宮金蔵の血を引く、または金蔵に認められた者の証であるマーク『片翼の鷲』が容姿には見られない。
結婚後12年にも渡って子供が出来なかったという経緯があり、その関係で右代宮絵羽に罵られることが多く、彼女とは犬猿の仲となっている。
それでも『嫁ぐことは生家を捨てること』と、右代宮一族の一員として認められるように努力を重ねている。
その姿勢を戦人からは「純潔にして貞淑だ」と讃えられた。

名前の由来は火星の和名『夏日星(なつひぼし)』。
作中でサソリのお守りを入手したことがきっかけで災難に巻き込まれる描写があるが、これは『火星にさそり座が近づくと災厄が起きる』という伝承になぞらえたもの。

ファンの間での評判

右代宮家での母親勢において『萌え熟女』なるジャンルを開拓したキャラクター。
上記のように不遇かつ薄幸な立場にも屈さず奮闘する姿から、ファンの間での人気は高く、『なっぴー』等の愛称で呼ばれている。
仲の悪い絵羽とも、二次創作ではカップリングとして描かれることが多い。
長男、右代宮蔵臼の妻なので、熟女カルテットのリーダーとして扱うのもいいかもしれない。

娘の朱志香が作中において、同人ゲーム『東方project』の霧雨魔理沙のコスプレをした事を受け、神職関連の一族出身という設定つながりで同作の博麗霊夢のコスプレでイラスト化されることもある。

関連タグ

うみねこのなく頃に
うみねこのなく頃に散
右代宮家
長男一家
右代宮蔵臼 右代宮朱志香
右代宮絵羽

萌え熟女
蔵夏 えばなつ 熟女カルテット
カモメカモメカチンカチン

なっぴくみん

遠見千鶴…中の人繋がり。こちらも外見が若く見える熟女。

pixivに投稿された作品 pixivで「右代宮夏妃」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1519251

コメント