ピクシブ百科事典

名鉄3700系(2代目)

にだいめさんぜんななひゃくけい

名古屋鉄道にかつて在籍していた電車

概要

1957年登場。木造車体で老朽化の著しい旧型車の車体更新を目的に製造されたいわゆるHL車の一系列。製造両数は41両。

名鉄には戦後間もなく国鉄63系と同型の3700系が在籍していたが、こちらは短期間で他社へと譲渡されたために番号が空いており、車体更新車として3700番台が使用されることとなった。

片開き2ドアが片側に2箇所、オールロングシートの17m級車体だが、車内は蛍光灯を採用して暖房完備とすることで居住性は大幅に改善されている。
ただし性能面では木造HL車と大差なく、弱め界磁制御もないためにMT比1対1では満員乗車の平坦線で85km/hが限界だった模様。
このため鉄道図鑑などで「性能は悪い」と評されることもあった。
当初の計画では低出力を補うために全M車とする予定で、最初の2編成は実際に全M車で落成しているが車体更新のペースアップなど諸々の事情からMT編成での製造に変更されている。
後に扉間は転換クロスシートに改造され、さらに居住性を向上させた。

1973年から車両近代化を目的に5編成10両が当時600Vだった瀬戸線へ転属した。これは主回路の降圧を行っても性能が変化しにくいためだが、当時の瀬戸線は既にAL車で統一されており、改めて乗務員に教習を受けさせることになった。
瀬戸線では白帯を巻き、特急などにも使用。
この5編成は78年の瀬戸線1500V昇圧で1500V仕様に復元して本線へ復帰、1991年まで活躍した。

一部車両は1969年から73年にかけて高松琴平電気鉄道へ譲渡されたが、2004年までに元京急車に置き換えられる形で全廃されている。

関連項目

名鉄3730系 名鉄3770系 名鉄3780系 改良版。両開きドア、転換クロスシートや冷房設置などの改善が施された。

関連記事

親記事

HL車 えいちえるしゃ

兄弟記事

  • 3730系 さんぜんななひゃくさんじっけい
  • 3780系 さんぜんななひゃくはちじっけい
  • 3750形 さんぜんななひゃくごじゅうがた

コメント