ピクシブ百科事典

和泉守兼定極

いずみのかみかねさだきわめ

『刀剣乱舞』のキャラクター「和泉守兼定」が二段階成長した姿。
目次[非表示]

キャラクターについては和泉守兼定を参照。

プロフィール

和泉守兼定極
刀帳92番
種類打刀
刀派兼定
身長186cm
一人称オレ
CV木村良平
絵師白峰


概要

刀剣乱舞』のキャラクターである和泉守兼定にランクアップした姿。Lv70以降、修行に出る事で極の姿になる事が出来る。
2017年10月10日のメンテナンスで、長曽祢虎徹大和守安定と共に実装された。ゲーム内で初めて実装された打刀極の一人である。

レアリティが一段階上がり、装備スロットが一つ追加され3スロットに。
もちろん、他の極男士同様にステータスも上昇した。
極となった打刀男士の特徴として、「遠戦の際に、両隣のどちらか片方の刀剣男士を【かばう】能力が追加された。

帰還後の変化

外見
高い位置で結びなおされた髪、額には鉢巻。
以前はマントのように肩に羽織っていた「浅葱色羽織」を、極では腕を通し着込んでいる。
馬乗り袴から、たっつけ袴にヒールのあるブーツに変わり、防具的な物も増え、動きやすく、より実戦向きに。
和服の要素の強かった極前と違い、洋服っぽい要素が増えている。

国広共々、よろしく頼むよ


あと、先に極になった相棒とのお揃い度もかなり上がっている。

関連タグ

刀剣乱舞 刀剣男士 打刀男士 極(刀剣乱舞) 
和泉守兼定(刀剣乱舞)

関連記事

親記事

和泉守兼定(刀剣乱舞) いずみのかみかねさだ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「和泉守兼定極」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 243617

コメント