ピクシブ百科事典

国広律子

くにひろりつこ

小野不由美の小説、『屍鬼』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

CV:ささきのぞみ

概要

尾崎医院に勤務する看護師。28歳。
立体的には再現不可能な髪型が特徴。そして巨乳
温厚な性格と清楚な外見から村人に慕われており「律ちゃん」の愛称で呼ばれている。

父親は幼い頃に他界しており、母親と保育師のとの3人暮らし。
「太郎」という名前のを飼っている。村外に住む男性からプロポーズを受けていたが生まれた村を
離れたくないという理由で断っている。

同僚の永田清美が屍鬼に拉致されていることを知り、救出に向かった際に自身も屍鬼に襲われて死亡。
後に起き上がるが、他者の血を吸う事を拒み飢餓と闘うこととなる。屍鬼狩りの際に武藤徹と一緒に杭を
打たれて2度めの死を迎えることとなる。

原作では武藤徹と生前の面識は無いが、漫画版では彼に明確な好意を寄せられている。

関連イラスト

徹ちゃんお目が高い。
看護婦様


SQ屍鬼のりっちゃん
遠くへ行きたい



関連タグ

屍鬼 尾崎敏夫 武藤徹
田井中律 小野寺律(律ちゃん繋がり)

pixivに投稿された作品 pixivで「国広律子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15201

コメント