ピクシブ百科事典

尾崎敏夫

おざきとしお

小野不由美の小説、「屍鬼」に登場するキャラクター。
目次[非表示]

CV:大川透

概要

主人公格の一人。

村で唯一の病院の院長。32歳。ヘビースモーカー。
ぶっきらぼうで不用意な憎まれ口をすることが多いが、医師としての責任感は強く、スタッフからの信頼も厚い。村人からは「若先生」と呼ばれている。室井静信や安森幹康とは幼馴染み。

医者になることを強制されて生きてきた為か、非常にフランクな性格。
村の権力者であることを鼻にかけている両親のことを嫌っている。また、妻の尾崎恭子との仲も冷えきっており、半ば別居状態である。付き合い始めた当初からお互いに愛情は抱いておらず、結婚したのは互いの利害の一致から。

体調の悪い者を診る医者という立場から、次々と起こる村人たちの死が病によるものではなく、未知の何者かが意図的に起こしているものだといち早く気づき、村を守るために起き上がりたちへの抵抗を試みる。
その過程で起き上がりを狩ることに反対する静信と対立し、後に決別することとなる。

当初は起き上がりの実在を受け入れられない村人たちの中で孤立していたが、自分を殺すために近づいてきた桐敷千鶴を利用して起き上がりの存在を公にすることができた後は屍鬼狩り集団の中心格として指揮を執っている。屍鬼狩りの後に村人達と共に村を脱出する。

関連イラスト

【暴力表現あるよ】撲殺天使敏夫ちゃん
屍鬼



関連タグ

屍鬼 室井静信(外場村若コンビ) 結城夏野

pixivに投稿された作品 pixivで「尾崎敏夫」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 768097

コメント