ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

CV:津田健次郎


概要

かもめ学園の教師で、源光が在籍しているクラスの担任をしている。



その正体は七不思議が五番「16時の書庫」の管理人。作中では三番目に登場した七不思議の一人。花子くんのことを知るために書庫に入った寧々達の前に姿を現す。


容姿

髪色は白と黒色。白衣を着ていて、その下に紫のタートルネックセーターを着ている。小さな丸いメガネをかけていて、靴はスリッパ。


怪異の姿の時は、耳が長く尖り、手が更に四本生え、合計六本になる。そして多くの星が描かれたような模様が目の上に出てくる。(メイン画像は怪異態の姿である)

また煙管をよく吸っており、寧々たちに正体を知られてからは人間体の時も普通に吸っている。


人物

怪異としての正体を明かしていない人間の前ではほんわかとした気弱で優しそうな先生を演じている。

怪異になるとその性格が一変し、口が悪くなり怪異らしい素に戻る。このようにキャラが変わるのは、本人曰く「気分」らしい。

知りたがりな性格で、花子くんらに依代を要求された際には光や寧々の個人的な秘密の暴露を条件として提示した。宝石なども集めている描写があるが、その中でも彼が大事にしていたのはとある生徒から貰った普通の石。その理由は後述。

また、「ガキは嫌い」と言いながらも寧々や光を気にかけている様子が見られる。特に彼の過去のこともあって花子くんに対しては他の七不思議と比べてもかなり従順であり、彼が寧々たちと上手くやれているか心配するなど、面倒見の良い一面もある。


怪異が存在するのには基本的に人間の噂が重要であるため、自ら学園内に噂を広められるからという理由で教師をしている(ちなみに人間に扮している七不思議は後天的に七不思議になった者を除くと彼だけである)。そのためかなり昔からこの学園で教師をしており、怪しまれないためか過去と今では容姿や表面上の性格が大きく異なっている。


七不思議二番「ミサキ階段」のヤコとは仲が悪く、噛まれて流血したりお互いに「エキノコックス」「根暗蜘蛛」などと呼び合ったりしている…が、その割に一緒にいる場面が多い。


コンビニ弁当やカップラーメンの他、書庫の蝶(書庫の蝶は見た目何ら違いがないが虫ではないらしい、普通の虫は嫌い※6巻参照)や本人曰く人間のガキなどいろいろなものを食べるらしい。(好きなおやつはべっこう飴)そんな奴が教師で大丈夫なのだろうか…


ねえ、知ってる?


かもめ学園七不思議が五番目、16時の書庫


この学園の図書館には16時にだけ入れる特別な書庫がある


書庫にあるのは人の名前がついた本

書かれているのはその人が学園にいる間の記憶


これまで何をしたのか

これから何をするのか


過去も未来も全てが書かれているのです・・・


もし16時の書庫に行くなら気をつけないといけない


書庫には白、黒、赤の三種類の本があり


白には生きてる人の記録

黒にはもう死んだ人の記録


この二つは大丈夫だけど・・・


赤い本だけは絶対に読んじゃいけないんだって


恐らくは彼が自分で流したと思われる噂。噂にあることはほとんど真実で、土籠の書庫には学園に所属する者のあらゆる情報が記載されている本がある。この本は未来に関わる記述を土籠以外が読むと血に染まるように色が赤くなり、書庫に棲みついている怪異に襲われてしまう。ちなみに本は土籠ならば離れた場所から取り出せる。

本にある未来は基本的には何をしても変えられないが、彼によると一度だけ未来の変わる瞬間を見たらしく…


関連イラスト

16時の書庫土籠

土籠先生×3土籠先生


関連タグ

地縛少年花子くん 地縛少年花子くん登場人物一覧


過去(三巻ネタバレ注意)
































依代を壊した際に寧々がみた依代に宿った記憶から、昔の花子くん(=生前)である柚木普の担任をしていたことが明かされた。


当時普は怪我が絶えず(作中の描写からいじめによるものらしい)、その度に土籠が手当てをしていた。その際に普に誰によって傷つけられたのかを毎回のように尋ねて力になろうとしていたが、彼がそれを言うことはなかった。

だが、そんな土籠の態度は実は演技だった。本によって過去も未来も知ることのできる彼は普が誰にいじめられていたのかも勿論知っており、更には彼がそれを耐えれる未来も知っていた。本には「普は将来理科の教師となり、自分の同僚となる」という内容が書かれており、それを読んでいた土籠は表向きは優しい教師を装いつつも、内心ではどうにかなるとそこまで心配していなかった。

しかし人類が月に到達した翌日に、普から「宝物」である石(本人は月の石と言っている)を貰う。大事な物を自分に渡して良いのか問いかけるも、普はそれに「もうどこにも行かないから必要ない(意訳)」と返した。そしてその言葉に従うようにその後彼が書庫の本に示された未来に反して早逝してしまった上に、言葉の通りどこにも行かずに学園の地縛霊になったことにより、その石が土籠の依代となった。

本人はこの事に関しては色々と思うところがあったらしく、過去を見た寧々に話してる時に「あんな早く死ぬはずじゃなかった」と悲しそうにしていた。


なお過去と現在では容姿がだいぶ変わっており、髪型はさほど変化はないが髪色が黒一色で、眼鏡をかけておらず服装も今とは異なっている。

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 570457

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました