ピクシブ百科事典

変異魔獣

へんいまじゅう

変異魔獣とは、漫画「魔法少女まどか☆マギカ[魔獣編]」に登場する敵キャラクターである。
目次[非表示]

概要

変異魔獣とは、人間の姿に化けて出てくる魔獣のことである。
作中ではマミの両親、美樹さやか佐倉杏子鹿目まどか巴マミの姿に化けて登場した。

魔獣マドカ曰く、暁美ほむらの魔力と感情エネルギーの暴走でこうなったとのこと。
また、知人じゃないと人間の姿には見えず、通常の魔獣にしか見えないらしい。
暁美ほむらの分析によると、自分の記憶操作魔法の影響が大きいようだが・・・?

特徴

変異魔獣は人間の姿で出るだけではなく、本物のフリをして接近してくるという厄介な性質がある(喋り方も本物そっくり)。
それ故に作中ではエリアを分担し、1エリアにつき1魔法少女で行動するという対策を取ることで、見分けをつきやすくした。

また、魔女化する直前の魔法少女を連想するような荒々しい口調で喋る個体も存在する。

通常の魔獣は感情を吸い取り廃人にするだけで命までは奪わないが、変異魔獣の場合は命を奪うという魔女に近い特徴がある。そのため、魔獣マドカ曰く、魔獣から見ても敵になるとのこと。

能力

能力としては、時を止める能力と、魔法少女姿に変身する能力の2つがある。いずれも暁美ほむらの魔力の影響らしい。

魔法少女姿に変身した個体は、その魔法少女の能力も使える。但し、某神様に化けた個体以外の変異魔獣は魔法少女姿に変身すると人間離れした姿になる上に言葉を全く喋らなくなるため偽者とバレバレになる。

変異魔獣の魔獣図鑑

魔獣の記事を参照。

関連イラスト

現時点ではありません。

関連タグ

魔法少女まどか☆マギカ 魔獣編 魔獣

コメント