ピクシブ百科事典

大河原有忠

おおがわらうちゅう

『逆転裁判5』の登場人物。

概要

逆転裁判5』第4話および第5話に登場。事件の目撃者。
宇宙開発機構「GYAXA」が運営する大河原宇宙センターのセンター長。年齢は62歳。

7年前、星成太陽を乗せたロケット「HAT-1号」が小惑星に向けて小型探査機「みらい」を放ち地球に帰還したことで、計画を主導した彼も一躍時の人となった。

そのせいかやたらと態度がデカく大仰な振る舞いが目立ち、事ある毎に自分の功績を自慢してくる。
また、普段乗り回しているセグウェイのような乗り物に「ギャラクティック・スクーター」と名付けるなど言動は偉人を通り越して中二病的な一面もある。

痛い所を付かれると、スクーターをグルグル回し出し始める。

事件解決後は今回の事件の責任を取ったのか、EDで副センター長に降格していた。

「事実、ワシは偉い人!すなわち偉人であるからな!」はある意味名言である。

お、お、お、おおぼらあああああああ!

関連タグ

逆転裁判5
星成太陽 葵大地 夕神かぐや 希月真理

pixivに投稿された作品 pixivで「大河原有忠」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 29

コメント