ピクシブ百科事典

亡霊(逆転裁判)

ぼうれい

亡霊とは、3DS専用ゲーム「逆転裁判5」に登場するキャラクターである。

※この記事は『逆転裁判5』のストーリーの核心部分に関わるネタバレの為、クリア後の観覧を推奨します。



































































概要

『逆転裁判5』におけるラスボス
警察関係者に「亡霊」と呼ばれている国際的なスパイ日本宇宙開発技術が先行するのを阻止する任務でGYAXA(大河原宇宙センター)に送り込まれていたとされる。
王泥喜法介の親友である葵大地殺害事件、夕神が犯人として7年前に有罪判決を受けた「UR-1号事件」こと希月教授殺害事件の真犯人であり、幼い希月心音にトラウマを植え付けた張本人でもある。



Bang


そしてその正体は夕神迅とコンビを組んでいた、担当刑事の番轟三
正確には本物の番轟三は本編開始前に既に死亡しており、後に1年以上前に発見された身元不明の遺体が本物の番刑事であった事が判明する。つまり王泥喜たちは本物の番轟三とは一度も会った事がなく、作中(ボイスドラマやクイズ逆転裁判も含む)に登場するのは全て「亡霊」が成りすましていた偽者であった。

他人の顔、仕種、言動から声音まで全てをそのままそっくり真似る事ができる事から、生前の番も、亡霊が成り済ましていたそのままの正義感溢れる感情豊かな人間だったと思われる。
しかし亡霊の方は実は感情の起伏が極端に少ない人間。大袈裟な身振りや正義感の強い暑苦しい性格も全てスパイ活動における演技に過ぎず、心では殆ど何も感じていない。また本性は狡猾で頭の回転が非常に早く、恐怖心も人並み以下のため普通の人間では思いつかないことを平然とやってのける。

夕神に近づいたのも、自身の正体に関するデータを奪うためであり、彼の「夕神を更生させて社会復帰させたい」という言葉も全くのウソであった。
ユガミ検事も1年間仕事の相棒だった番刑事が、自分が長年追っていた「亡霊」であったことを知った時には、流石に複雑な心境を隠し切れないでいた。

「亡霊」自身、既に本来の自分の名前、姿形、性格、声色等が思い出せないので、今作のラスボスは仮に「番轟三」としているが、正確には「存在しない登場人物」である。

pixivに投稿された作品 pixivで「亡霊(逆転裁判)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5623

コメント