ピクシブ百科事典

番轟三

ばんごうぞう

番轟三とは、ゲーム『逆転裁判5』の登場人物 。
目次[非表示]

「困ったことがあったら呼んでくれ!合言葉は・・・‘‘ジャスティス’’だッ!」

CV.佐藤美一

概要

逆転裁判5の登場人物であり、担当刑事。
熱血漢で「ジャスティス!」を合言葉に日々市民の平和を守る、アツい正義感の持ち主。王泥喜法介希月心音たちとは『5』の2話における九尾村での事件で初対面となる。
困っている人を見かけると放っておけない性格で、その性格を利用されて希月心音から何度も重要な情報を引き出されているなど、どこか抜けている。

色んな意味でマイペース(KY)であるため、夕神迅が得意とする「心理操作」が効かないということから、彼のお目付け係になっている。捜査に行けない夕神の代わりに現場に赴いて裁判の証拠を集めている。彼自身は法廷でコンビを組むユガミ検事を更生させ、社会復帰させたいと思っている。
囚人という身の上ユガミ検事とは対等な立場だが、口笛ひとつで素早く証言台に駆けつけ、仕草のみで考えていることが通じるなど息ぴったりのコンビ。年上のため、ユガミ検事からは「オッサン」と呼ばれている。

彼の行動意義は全て己の信ずる「正義」に基づいており、曲がったことが嫌いで公平な裁判のために弁護士たちにも力を貸してくれる。
また、ユガミ検事が暴走しそうになった時は、彼の手錠に仕込まれている機械を作動させて手錠に電流を流して強制的に鎮圧し、弁護側のピンチを救うことも。

関連イラスト

5!!
発売一週間前ジャスティス!



関連タグ

逆転裁判5 夕神迅


















以下に「逆転裁判5」に関わる重大なネタバレがあります


















実は本物の番轟三は本編開始以前に既に死亡している。御剣によれば1年以上前に発見された身元不明の遺体が本物の番轟三であった事が判明し、少なくとも王泥喜法介たちは本物の番轟三とは一度も会ったことがなかった。
作中に登場するのは、一貫して別の人物が成りすましていた偽者である。

pixivに投稿された作品 pixivで「番轟三」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1686961

コメント