ピクシブ百科事典

妖怪電車

ようかいでんしゃ

ここでは、京都の中小私鉄・京福電気鉄道における「妖怪電車」について解説。

妖怪電車とは

京都の夏の風物詩。

ブラックライトにより青白く照らされた車内に近隣の京都嵯峨芸大の妖怪サークル「百妖箱」によるマジモノの妖怪仮装が乗り込むというスリリングなイベント。車内は子どもたちの泣き叫ぶ声と大人たちの笑い声が響く阿鼻叫喚地獄と化す。近隣の子供たちにトラウマを与える一方で、躾の材となるという形で地域貢献している。

嵐電こと京福電気鉄道が主催しており、通常運賃は(大人200円・子供100円)であるが、妖怪に扮装をした場合、50円で乗車できる。(鬼太郎などにコスプレしても乗車可。)

他の中小私鉄である北陸鉄道江ノ島電鉄叡山電鉄などでも類似のイベントが行われている。

過去の使用車両一覧

※車両番号のみの記載

  • 2007年 625+632(2連運行時)
  • 2008年 625+632
  • 2009年 632(化け電)+633
  • 2010年 去年と同じ。
  • 2011年 去年と同じ。
  • 2012年 621+622(京紫色重連)
  • 2013年 615+616(京紫色、シングルアームパンタ重連)
  • 2014年 625+616(機器や性能がかなり異なってる)
  • 2015年 去年と同じ。(ステッカーが4枚から2枚に変更)
  • 2016年 26+27(レトロ調車両。運行10周年記念)
  • 2017年 去年と同じ。
  • 2018年 501+502

関連記事

親記事

京福電気鉄道 けいふくでんきてつどう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「妖怪電車」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1736

コメント