ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV:日高里菜

概要

石神井公園付近の住宅街に居を構える、「裏世界」研究者。見た目は幼く、紙越空魚も初対面では小学生と誤認したほど小柄。認知科学を専攻し、裏世界で起こる事象の科学的な解明を試みている。
原作ではファイル2より、アニメ版では2話から登場。

冴月とは大学時代の友人で、危険な裏世界への出入りに反対していたが、調査を繰り返した挙句に行方不明になった彼女に対して苛立ちと怒りを覚えている。仁科鳥子と空魚のピクニックにも良い感情を抱いてはおらず、ぶっきらぼうで口も悪いが、二人を心配して気にかけてはいる。怖がりで、その事を自覚もしているので、裏世界に自分から向かおうとはしない。
空魚や鳥子にとっては、裏世界で入手した物品を研究用の資料として買い取ってくれるお得意様。また、小桜自身もネットロアにはそれなりに造詣が深いことから、相談役のような立場でもある。
冴月と共に参加していた「DS研究奨励会」とは現在でもコネクションを持ち、そこから提供される資金が二人のお小遣いになるという寸法。

小桜ちゃんかわいい
小桜 (裏世界ピクニック)


小柄な体格だが、子供っぽいものを嫌う。また、その見た目から誤解される事も承知しており、居酒屋で酒を注文するときなどは免許証を出して、未成年でない事を示している。
普段の買い物はほぼ通販で、食事も宅配のピザなどで済ませる事が多い。
冴月に対しては、怒りを覚えていると同時に、裏世界に行ってしまった時に「会えるならば会いたい」と口にしていたため、愛憎入り混じる感情を有している様子。

誕生日は11月11日。好きな食べ物は「ホットコーラ」。
嫌いな食べ物は、「糖質オフのお菓子」。
好きな暇つぶしは「VTuberとして配信活動」、ひそかな夢は「子供には教えてあげない」。

裏世界ピクニック「招きの湯」


自身の見た目が小柄で子供っぽい事と、本人がインドア派なために、日常でもほとんど外出はしていない。そのため、ファイル14で空魚と鳥子とともに温泉に赴いたり、ファイル16でラブホ女子会に参加した際には、「こんなんなっているのか今」と、それらの変化に驚いていた。
また、外出しても「世の中の大体の椅子が体格に合わない」ため、あまり外出したくない理由の一つになっている(ファイル14)。
※ちなみにこの時、鳥子が「じゃあ、子供用の椅子を使えば」と口にしたため、「ぶっ殺すぞ」と返した。
とはいえ、引きこもりやコミュ障というわけでもなく、必要ならば外出やショッピングも行う。ファイル5の直後には家電量販店に立ち寄っており、ファイル14でも当初は渋ったが、温泉宿に泊り温泉を堪能していた。ファイル16では、空魚から誘われたラブホ女子会にも参加している。

学者であるためか、マルチタスクで頭の回転が速い。しかしその分、燃費が悪く、脳が糖分を普通よりもよく消費するらしい。そのためか、油断すると低血糖でふらふらになってしまう
コーラを良く飲むのは、効率よく糖分を補給するため。しかし炭酸でお腹が膨れるのも苦手なために、マグに注ぎ電子レンジで加熱する事で、二酸化炭素を飛ばしている。暑い季節では、これに氷をたっぷり入れて炭酸抜きコーラにして飲む。

過去に関しては、あまり語られていない。
冴月と大学時代に同期で、DS研には彼女の助手として、引っ張り込まれる形で参加した。
ファイル16内での鳥子との会話では、茜理と夏妃の仲を見て「あたし女子校だったけど、よくいたよ。ああいう子供のころからべったりな二人組」と言っていたため、女子校に通っていたものと思われる。
そのためか、空魚と鳥子を見て「まだ交際はしてない」「空魚ちゃんのへたれっぷりを見ればすぐわかるよ」と、二人の仲を看破していた。

運転免許証を有しており、車の運転もできる。ファイル8では、汀が乗ってきたメルセデスAMGの運転を肩代わりした。その運転技術は高く、運転時にはいつもの気怠さと異なるハイテンションな一面を見せたため、空魚は不安になるほど驚いていた。汀もその運転技術には信頼を置いているらしく、自分からメルセデスの運転を任せていた。
運転そのものは好きで、以前は車も所有していたようだが、現在は手放しているらしい。その理由は「一人で運転してもつまらないから」との事。

やっど来てくれた~~2枚目花無し差分
小桜さん


ファイル4(アニメ4話)で裏世界に来てしまい、その際に植物にされたり、ファイル11で潤巳るなのカルトに誘拐されたり、ファイル13で空魚の怪異が自宅に付いてきてしまったりと、それなりに巻き込まれてしまっている。

石神井の自宅

自宅は、石神井公園駅から少し歩いた、高級住宅街に存在する。高いレンガの塀に囲まれた、三階建ての広い邸宅で、全体が緑の蔦に覆われている。空魚は最初に訪れた時に、異様な雰囲気を感じていた。
玄関ドアを開けると、クロックスのサンダルが一足だけある、古めかしいタイルの三和土がある。
上がり框の向こうに暗い廊下が伸び、ごみごみした暗い部屋に突き当たる。そこには液晶ディスプレイが六面並んだ机と椅子があり、小桜は大抵この椅子に座っている。

裏世界ピクニックがゲームだったら絵


ディスプレイ上には、テキストディタと英語論文のPDF、SNSのタイムライン、仮装通貨と為替のチャート、深層学習ツールのコンソールといった情報を、それぞれ表示している。
劇中ではここで、認知科学の一般向け読み物の原稿を執筆するシーンも出てきた(小桜本人としては、たいして面白い仕事ではないらしい)。

玄関や廊下には空き家かと思うほど家具や物がなかったが、この部屋はいたるところに本やがらくたが積み上げられている。
空魚が確認できた書籍は「表紙に動物の描かれたコンピューター本」「ブックオフで投げ売りされているような自己啓発本」「黄色く変色した地方史のブックレット」「現代建築の専門誌」など。
天井からは、不規則な形の多面体モデルや、変な形の紙飛行機が下がっている。空魚はこの部屋を初めて訪れた際、「何が専門なのかさっぱりわからない」と思っていた。
アニメ版では、やや明るく広い部屋として描かれていた。

ホットコーラを飲むマグカップには、トーベ・ヤンソンの絵がプリントされている。
アニメ2話では、家の電話機が登場。ダイヤル式の古めかしい黒電話を使用していた。

ファイル7では、手のひらに乗るアライグマの焼き物の置物を、机の上に置いていた(アニメ8話では、胸に抱える大きさのアライグマのぬいぐるみが代わりに登場する)。
ファイル4で玄関先に現れた『三人のおばさん』の恐怖を和らげる目的で、小桜が購入したもの。空魚の「(怪異は)狸の仕業だったんじゃ」という言葉から、「得体のしれない恐怖に名前を与えて、コントロールする」という行動を実行に移したもので、おかげで眠れるようになった。
近所のクラフト市で、かわいいやつを見つけたから買っちゃった」との事だが、尻尾に縞々があるので、実は狸ではなくアライグマ。
空魚はその事を指摘するが、小桜は認めず「あたしとポンポコの仲を裂こうってのか!」と逆ギレした。

ファイル13にて、空魚は自宅が「パンドラ『禁后』」の怪異に占領された時、茜里のアパートに続き、小桜邸に泊まった。
その際に空魚はダイニングキッチンにて、宅配ピザ(秋限定クワトロチーズメルト、Lサイズ二枚)を小桜と食べた後、風呂に入った。

しゃれた作りのダイニングキッチンには、白木の大きなテーブルに、四脚の椅子がある。
しかし小桜自身に自炊の習慣がないため、台所のほとんどのスペースを持て余してしまっている。大きな冷蔵庫があるくらいで、ここは寒々しい印象を与える。小桜自身の身長が低いため、棚の上部はまったく使われていない。
ダイニングテーブルは、誰かと食事する事もあるかと考えて、小桜が購入したものらしい。しかし今のところは、結局小桜自身しか使っていない。いっそ処分しようかと考えもしたが、一人で分解し運び出す手間を考え、踏み切れないでいる。
空になったコーラのペットボトルが詰め込まれたゴミ袋が、片隅にはいくつも積まれている。小桜は空魚とともにピザをこの部屋で食べたが、上気の事もあり「まさかここに客を迎える事があるとは」と呟いている。

風呂場はレトロなタイル張りで、屋敷が建てられた時代の雰囲気(70年代くらいかと、空魚は予想)が残っている。蛇口とシャワーは最近のものに換えられている。

家自体は広く、二階はほぼ物置としてしか使ってないらしい。
玄関前には赤外線センサーで反応するライトがあり、インターホンもカメラで外の様子が見られるものになっている。
広い家に一人なので、小桜は持て余し気味。

小桜とレミントン


居間の床下収納には、12ゲージのレミントンM870ショットガンGATORショットガン・スプレッダーパーツを銃口に装着)とその弾を保管。原作のファイル4およびアニメ4話で使用していた。
ファイル4およびアニメ4話にて、玄関先に巨大な顔の怪異が出現した際に発砲する。
この時に、裏世界に通じるゲートが発生。後にこのゲートは安定してしまい(ファイル7、アニメ12話)、AP-1の持ち込みなど、空魚と鳥子の新たなゲートとして利用される事になる(小桜本人としては、いい迷惑だが)。

バーチャルYouTuber「夜桜」

夜桜おねえさんマン


小桜は趣味で「夜桜」というアバターを作り、籠りがちな生活の気晴らしに動画サイトで配信を行っている。
小桜自身が、3D造形ソフトを弄ってでっち上げたもので、アバターのモデルは冴月(以前に自分の姿をモデルにアバターを作ったら、意に反するファンが付いたため没にした)。
その外観は、身長の高い黒髪の若い女性。切れ長の鋭い眼に、桜色の瞳。虹彩は複雑な色合いで輝いている。長いまつげは視線を横にすると、艶めいた雰囲気を醸し出す。これに太いフレームのメガネをかけさせると、凛としたたたずまいから、じっとりした色気がにじみ出る雰囲気になり、男女問わず(重めの)ファンを獲得するに至っている。

かつて配信中に、夜桜の姿でホットコーラを飲もうとした時。モーショントレースの調整が甘かったため、アバターではなく小桜自身の口の高さまでしか、マグが届かなかった。そのため、中の人である小桜自身がアバターよりも小柄である事も、リスナーにはばれてしまっている。
また、この事から「胸でコーラを飲む女」の二つ名を貰い、それに対するファンアートも数多く描かれている。小桜自身はその事も、良い気晴らしになっている様子(間章 夜桜おねえさんの深夜配信)。

冴月をモデルにした理由は、裏世界に赴き行方不明になった冴月への怒りや苛立ち、腹いせの感情から。しかし喋りは冴月に寄せておらず、小桜自身の地声そのままである。また、冴月が浮かべなかっただろう表情も、小桜自身が腹いせの一環として見せているため、色々表情豊か。
現在「夜桜」は、Vtuber「夜桜お姉さん」として、それなりに人気を得ている。ネットのVTuberコミュニティの評価も意外に高く、突発的に深夜にライブ配信を行っても、千人以上の視聴者を集めるくらいの人気配信者になっている。
原作のファイル5と6の間では、空魚と鳥子が沖縄の那覇市で打ち上げを行った際。二人から居酒屋の料理の写真が次々に送られてきたため、自身も夜桜として動画配信する際に、腹いせでデパ地下で料理や総菜を購入し、飯テロを行った(間章 夜桜お姉さんの飯テロ配信)。
ちなみに夜桜の男女の人気比率は6対4。その女性ファンの多くは、小桜自身のざっくばらんな喋り方と声質から、「年上のお姉さん好き」にクリーンヒットしているらしい

関連タグ

裏世界ピクニック

関連記事

親記事

裏世界ピクニック うらせかいぴくにっく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「小桜(裏世界ピクニック)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 171730

コメント