ピクシブ百科事典

紙越空魚

かみこしそらを

『裏世界ピクニック』の主人公にして語り部。
目次[非表示]

CV:花守ゆみり

概要

本作の主人公兼語り部。埼玉の大学に通う、文化人類学を専攻する女子大生。ネットロアや実話怪談を好み、その知識は豊富。平素から廃墟探索を趣味としており、その際に見つけたとある扉を通じて「裏世界」の存在を知った。友達は少ないタイプで、裏世界で知り合った仁科鳥子に誘われ、探検と研究、お金稼ぎのために裏世界に行くようになる。特殊な家庭環境で育ったことからやや鬱屈しており、万事直截な鳥子に対して疎ましさと憧憬の綯い交ぜになった感情を抱く。
人の視覚を侵す「くねくね」との遭遇・接触を経て生還したものの、右目が鉱石のような瑠璃色に変異し、裏世界の怪異を視認、透視、看破できるようになってしまう
いかれたピクニックの中で鳥子のことを意識するようになり、「冴月が見つからなきゃいいのに…」という思いに苛まれながらも、彼女の裏世界探索に付き合うことになる。主な武装は鳥子に渡されたマカロフ
過去に母親が早くに亡くなってから、父親と祖母が怪しげなカルトにはまってしまった。そのために、家庭が崩壊してしまう。廃墟巡りは、入信させようとするカルト教団から逃れるために、潜り込んで寝泊りする事も兼ねていた。
幼少期は家の事もあり、学校生活も彼女にとっては良いものとは言えないものだった。
高校の時の体験から、「人をいじるのが得意な奴は嫌い」。また、カルトに追われた体験か
ら、「自分が知らぬ間に、他者に自分の情報を握られ行動される事」も苦手。
小桜からは「コミュ障サブカルオタクに見せかけて依存性サイコパス」と評された。
また、猫が好きで、「猫の忍者」の怪異に襲われても、攻撃したり傷つけたりする事を避けようとしていた(理由は「猫かわいいから、撃ちたくない」)。

誕生日は5月5日。好きな食べ物は「アジの南蛮漬け」。
嫌いな食べ物は、「一晩おいてべっちゃりした揚げ物」。
好きな暇つぶしは「ゲームのプレイ動画の視聴」、ひそかな夢は「猫が飼いたい」。

彼女の名前『紙越空魚』は作者が20年前書いていた小説の登場人物から取られたもの。
鳥子というキャラクターはその時点では存在せず、裏世界ピクニックを書く際に空魚と対になるような名前として考えられた。

また原作本文では描写されていないが、挿絵では八重歯があり、コミカライズ、アニメでも踏襲されている。

青い右目

ファイル1で、くねくねと遭遇した際。その様子を見続けた事で、右目が変異してしまう。
この目で目標を見る事で、裏世界の怪異を視認し、透視や看破が可能になる。

空魚
裏世界ピクニック  そらお


正確には、看破するというより、「一つの事象について、いくつもの様相を渡り歩くように『認識』している」と、空魚は自身で仮説を立てている。
この目を用いる事で、裏世界のグリッチを感知するのみならず、他者を見て認識する事で、その者を別の存在に変えたり、他者を狂気に近づけさせて怪異に対抗できるようにしたりと、様々な使い方ができる。更には、呪いや声といった、通常の視力では認識できないものすら、見る事が出来る。
当初は黒のカラコンでごまかしていたが、そのうちに面倒になり裸眼を晒している。周囲からはオッドアイ気取りのカラコンと思われているようだ。

赤い人

空魚の母親の死後、父親と祖母はカルトに入信。神棚と仏壇を捨て、奥羽山脈の田代峠に何度も通う様に。自宅は信者らの集会所となり、空魚の学校でも噂になるのみならず、空魚自身も入信させられそうになっていた。
下校時に誘拐されかけたり、寝泊まりしていた漫画喫茶へ放火もされ、行く当てもなく廃墟でキャンプしていたところ。『柔らかく赤い人』に抱きしめられている夢を見るように。それに心地良さを覚え、空魚は亡くなった母親を思い出していた。

あの子、いらない?


その際に『あの人たち要らない?』と訊かれ、空魚は『要らない』と返答
やがて、目が覚めた後。食料もお金も尽きたため、嫌々ながら自宅に戻り、灯油を用意して待っていた
が、数日たっても誰も戻らず、警察から『山中で、窪地に溜まっていたガスにやられ、(祖母と父親を含む)信者らは全員死亡』と連絡が来る(この時に、死体は見せてもらえなかった)。
父と祖母がカルトに寄付したため、家に財産などは残って無かったが、この事件の後に奨学金で大学に進学。
奨学金を返せる当てもなく、悩んでいたところで鳥子と出会い、劇中に至る。
ちなみにこのような壮絶な過去を、本人は「よくある話」と思い込んでいるようで、「たいした話じゃないんで、聞き流して」と、聞かせた小桜に言っている。
(聞かされた小桜の方は、あまりの内容に呆然として、言葉も無かった)

なお、この「赤い人」は、後になって空魚の前に再び現れる。

鳥子との関係

当初は鳥子に惹かれる空魚が振り回され、時折見せる閏間冴月への依存に苛立たされるということが多かった。
鳥子がこの世で『最も親密な関係』として挙げた共犯者であることにこだわっており、ファイル7で鳥子が瀬戸茜理を共犯者としようとした時は必死で拒絶していた。
しかしふたりで様々な事件を切り抜けていくうちに鳥子からも好意を寄せられるようになる。

鳥空


しばらくは自身の劣等感もあり鈍感系主人公のような対応をしていたが、ファイル14にてお互いに「好き」を応酬し、ファイル15ではディープキスされたことでさすがに自覚。

裏世界ピクニック詰め


以降はその好意を知ったうえで、どのように受け止めるべきなのか戸惑っている状態である(6巻現在)。

・*・:≡( ε:)


ただし裏世界で共に居たいと思う人間は鳥子だけだということはたびたび口にしている。



余談

アニメ版での声優の花守氏は、基本的に明るい少女や少年の役に定評があり、声色もそれに見合った明るいものが多いが、この空魚はそれらとは正反対のややハスキーかつ暗めな印象の強い声色になっており、多くの視聴者を驚かせた。

関連記事

親記事

裏世界ピクニック うらせかいぴくにっく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「紙越空魚」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 364710

コメント