ピクシブ百科事典

屍拾いラミー

しかばねひろいらみー

灼眼のシャナの登場人物の1人である螺旋の風琴の仮の姿。
目次[非表示]

「因果の交差路でまた会おう」
CV:清川元夢

概要

痩身の風格ある老紳士の姿をした“紅世の徒”。
とはいえその姿はトーチに寄生した仮初の姿であり、本来の姿は戯睡郷メアと同じく本来はとても小さな存在の“徒”である。炎の色は深緑色。

とある事件でこの世から失われた大切な絵を修復するために膨大な“存在の力”を集めているが、フレイムヘイズの討滅対象になる事を避ける為に人間を決して喰らわず、他の“徒”の残した消えかけのトーチの実を対象に“存在の力”を集め、更にトーチに寄生して自身の力を抑えることで消耗を抑える等、この世のバランスに対して極力気を使っている為にエンゲージリングの2人と同じく無害な存在として他のフレイムヘイズたちからの討滅対象にはなっていない………はずなのだが、唯一の例外がいた為に色々と苦労する事になったのだが、そればまた別のお話である。

なお、彼(実際には後述するように女性)はただの“徒”である為、膨大な“存在の力”を統制する事は出来ない為、長い年月をかけて集めて来た“存在の力”を自在式として編み上げて毛糸玉状にして持ち歩いており、もし彼を討滅しようものなら、集められた膨大な量の“存在の力”が制御を失い、世界のバランスを崩す事になってしまうらしい。

ちなみに残りカスの様な“存在の力”を集めているので、他の“徒”から蔑まれており、戦闘になりそうものなら、様々な自在法を巧みに用いて、相手を撹乱して遁走するのが常套手段となっている。

その正体は“紅世”最高の自在師“螺旋の風琴”リャナンシーその人。
屍拾いという真名もラミーという通称も全ては有名すぎる自身の存在を隠すために周囲を欺くための偽名に過ぎず、多数のトートから“存在の力”を集めたり、追跡を逃れる為に多くのダミーを設置して攪乱したり、僅かな動作で特定の人物だけを眠らせたりといった自在からもその鱗片を伺い知る事ができる。

また、自身の過去の経験を踏まえてシャナとの関係に悩む悠二や、こちら側の世界に関わるようになった一美に様々な助言を与えている。
なお、物語の最終決戦の最中に再会した一美からある「遺言」を託されており、その「遺言」は後々に物語の大きなターニングポイントとなる。

彼の詳しい詳細については親記事、またはこちらで。

余談

真名や通称の由来は、墓場から死体を掘り出して貪り食うとされる妖魔・ラミーからきている。

関連タグ

螺旋の風琴リャナンシー 紅世の徒 ラミー(妖怪)

関連記事

親記事

螺旋の風琴リャナンシー らせんのふうきんりゃんしー

pixivに投稿された作品 pixivで「屍拾いラミー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27

コメント