ピクシブ百科事典

恵庭慧海

えにわえみ

トネコーケンの小説『スーパーカブ』の登場人物。メイン画像の大きい娘が慧海である(小さい方が姉の椎)。
目次[非表示]

概要

恵庭慧海とは、トニーケンの小説『スーパーカブ』の登場人物である。コミックス版では6巻より登場。

東京の中学に3年間通っていたが、北杜市内の高校に通うことなったためカフェを営む両親と姉・と暮らすこととなった。

容姿

140㎝未満の小柄な母親と姉とちがって170cm近い身長をしている(父親譲り)。
ポニーテールをしており、目つきがややきつく、左目に泣きぼくろがある。

性格

不愛想なところがあり、動きやすさを求めるため、いつもベストとズボンを身に着けている。
ベストには戦乱や災害から生き延びるために必要なものを常備、家族との食事のときには外すよう、椎にいつもたしなめられている。

  • ベストに入っているもの
塩、マルチツール、笛、メタルマッチ、アルミシート、ワイヤーソウ、パラシュートコード、
コンロ、固形燃料、食糧etc.
特にマルチツールは以前はマイナスドライバーやナイフの付いた状態のまま所持し、警官に見つかって怒られ(ナイフは銃刀法で当初より、マイナスドライバーも正当な理由がないと2003年以降規制の対象)、やむなく外している。

普段から近隣の山(ちょっと行ってくるというノリで出ているが、甲斐駒とかそれなりの難易度の山)に時間があれば登り心身を鍛えている。

過去の目的

フランス外人部隊に入ることを目的にしていたが、男性でなければ入れないことがわかり、あきらめる。

その他

作者曰く、明治時代後半と大正時代に、命懸けでチベットに入国した、当時としてはものすごくアクティブだった僧侶・河口慧海(かわぐちえかい)からいただいたとの事。また、読み方の「えみ」の由来は、オーストリアのオートバイメーカーであるKTM。

関連タグ

スーパーカブ(小説) 恵庭椎

関連記事

親記事

スーパーカブ(小説) すーぱーかぶ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「恵庭慧海」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12298

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました