ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

トネ・コーケンの小説『スーパーカブ』の主人公。アニメ版の声優は夜道雪
山梨県北杜市に暮らす高校2年生で、天涯孤独で両親も友達も趣味も何もない女子生徒。

「小熊(こぐま)」は下の名前で、苗字は作中で明かされていないが、初見では読めない難しい苗字であることは記述されている。
アニメでは7話で礼子が口にするまで個人名で呼ばれた事が一度もなかった(主人公なのに)。

女性らしくない名前になっているがきちんと由来があり、本作品のテーマでもあるスーパーカブカブ(Cub)はなどの「猛獣の子供」も意味している。つまり小熊=カブという意味で、作品に沿った名前がつけられていることになる。

またアニメ第4話の免許に記載された内容によると2004年(平成16年)6月6日生まれ(アニメが放送された2021年時点で16歳から17歳。詳細は小熊(スーパーカブ)生誕祭を参照)。元号表記だと数字が666と並ぶ。聖書の黙示録では666は「獣の数字」で、これもやはりカブに関係している。

生い立ち

父を幼いころに事故で亡くす。以後、母との2人暮らしをしていたが高校入学時に母がお役御免とばかりに置手紙を残して失踪する。(両親の結婚が駆け落ち同然だったため元から疎遠であったが)祖父母もすでに亡く、天涯孤独の上ながら奨学金を借りることで何とか高校に通う。

原作小説では当初「中学校まで東京で育ち、高校進学を機に北杜市内の建売住宅に移住したが、母の失踪後女性限定単身者向けアパート(ワンルーム)に転居」という設定であったが、のちに「埼玉県南部に生まれ、幼少期に北杜市に移住し集合住宅に住んでいる」という設定に変更されている。漫画版では「Bye」の一筆を残した置き手紙を残していったが、アニメ版では母の失踪までの経緯は描写がなく、作中現在で住んでいる集合住宅も世帯向けの間取り(2DK)の、世帯数も多いものになっている。

昔から人への執着を抱かず、母とも会話の少ない少女だった。

容姿

ごゆるりと
スーパーカブ4話


おかっぱ頭にうっすらリンゴ色のほっぺ、美少女というには小さく野暮ったい目をしており、田舎の女学生という印象しかない外見をしている(但し上述の通り幼少期は東京育ちで、山梨からすれば都会っ子である)。体形は中肉で漫画ではこれで描かれてるが、原作の博イラストだとこれの場合もあり、「それぞれのサイズは普通より若干小さい」ぐらいである。

作中ではおかっぱ頭とされているが、カブの整備時や風呂上がりの時などは2つに縛っている髪型も確認されている(小説第1巻表紙やアニメ第4話など)。基本面倒くさがりなうえ、カブに乗ってからも邪魔になることからあまり伸ばしたがらず、漫画では椎に切ってもらっている(最初礼子が切り始めたが、散々な仕上がりになり椎が仕上げた)。

性格

小熊ちゃんが不良になっちまっただ!
今日のイラスト


内面はかなりふてぶてしくたくましい性格であるが、元々の家庭環境がよくなかったことに加え母親が失踪したこともあり表には出さず、簡単な料理ができるのに弁当のおかずをレトルト食品で済ませ、さらに昼食時も電子レンジの列に並ぼうとせず、レトルトを冷えたまま米飯にかけて食べるほどの面倒くさがり屋であった(※1)。
一方で金銭感覚はかなりシビアで、カブ関連の買い物も値段を見て葛藤したり諦めたりする事も多い。

カブを入手し、人との交流や自分で整備をしていくうちに隠れていた内面が次第に表に出てくるようになる。
気を遣わなくても寄ってくる礼子相手以外には口に出すことは少ないが地の文では結構口が悪く、また馬鹿にされたり信用できない人に対しては攻撃的(状況によっては暴力的)な態度になる。

さらにテンションが高揚すると2人乗り(自動二輪でも免許取得後1年未満は禁止)や自動車専用道路の走行(125cc未満は走行不可)など道路交通法上問題のある行動をすることがある。これについて小説を読めばそういう作品であることがわかるが、原作(およびバイク作品がどういったものか)を知らない人の作品に対する先入観やコラボ相手中の人の過去の言動も相まってこの人達の格好の餌食になってしまっている。走り屋や暴走族ネタのアニメが野放しで普通に人気になっている現状で言うのもナンセンスだとは思うが。

スーパーカブ
怪奇の事件は小熊のしわざ


pixivでもこういったネタが投稿されているがあながち間違っておらず、むしろ作品と小熊をリスペクトしているともいえる(実際漫画のおまけではこの作品のパロディをやっている)。

行動力は飛躍的に伸び、カブを入手するまでは家と学校の間を直通(途中通学路のスーパーへ立ち寄って買い物)する毎日であったが、カブを入手後は途中で寄り道をして他のスーパーへも行くようになったのを皮切りに、夏休みのバイトで甲府市まで往復し、修学旅行ではカブで神奈川県鎌倉市まで向かい(出発当日朝発熱して欠席したもののすぐ解熱してしまい後を追ったため。途中富士山五合目へ立ち寄っている)、文化祭の椎のトラブルにもカブを使って対応している。さらに2年生の春休みには礼子や椎と一緒にカブで旅行をしたりしている。

元々は通学が楽になればという実用上の理由でカブに乗り始めたが、カブとの出会いが彼女の人間関係を劇的に一変させ、様々な人的つながりを与えた。
しかしバイク・原付に乗っていない礼子・椎以外の他の同級生との交流は、その後も増えず、日帰り温泉でのクラス会では話が合わないことを痛感させられる。つまりはカブを手放すとバイクを介した人付き合いもほぼ皆無に戻ってしまう。そのため、高3夏の大学下見時、「バイク禁止」と知ったがために当初予定の快適そうな作りのマンション型大学女子寮入寮を蹴り、大学進学後は昭和30年代築の古い借家に住む。

アニメでの特徴

アニメでは小熊の性格を描写で表現しており、ないない尽くしの頃は色彩が薄く抑えられているが、カブに乗ると次第にそれが濃くなるスタイルをとっている。また、カブによって新たな発見をすると満面の笑顔を見せている。

PVおよび第1話冒頭で自転車に乗った小熊が一時停止無視で交差点を駆け抜けるシーンがあり議論になったが、実はこの描写は小熊の変化を表現するための伏線であり、カブに乗ってからは同じ交差点で一時停止をしたうえで左右確認をするシーンになるなど、これまでの面倒くさがり屋がなくなるという変化を表現することで回収している。

小熊が乗った自転車・バイク一覧

所有しているバイクはスーパーカブシリーズのみであるが、小説では250ccのバイクも運転している。免許は原付(50cc以下、高校2年時の6月取得)、普通自動二輪(400cc以下、高校2年時の夏休み終了後に取得)、普通自動車(高校3年時取得)の三区分(原付は普通自動二輪または普通自動車に編入されるため、実質二区分)である。

所有自転車・バイク

パナソニック・レギュラー

スーパーカブを買う前まで通学に使用していた業務用自転車。色は黒。団地と高校間の道のりがきついことに苦難していた。カブ購入後も手放してはおらず、自転車用の工具を揃え、セカンドマシンとして使用している。

なお、当初は車種の設定もないシティサイクル(学生用ママチャリ)であったが、変更されている。そのため、先に描かれたコミカライズ版1話には反映されていない。アニメには設定通り黒のレギュラーが登場するが、実際には存在しない変速器が描かれている。

ホンダ・AA01スーパーカブ50スタンダード

お昼ご飯の小熊
スーパーカブ


高校2年の6月に自転車で通学途中、原付バイクにあっさり抜かれたのを契機(※2)に中古バイク店(シノさんの店)を訪れ、このバイクに出会う。「人を3人死なせている」という曰くつきの中古バイクであったが、1万円で購入した。小熊の生活と人間関係を大きく変えた存在である。キャブレター式の最終型で、2002年から2007年の間に製造されたものである。当初の排気量は49cc、購入時点での累計走行距離は500km強という、「曰く」以外は上物。

高校2年の9月に、50㏄原付の法的な不自由(※3)から脱却するため、礼子の助言を得てエンジンのブロック修正を行なった。それにより排気量52㏄の原付二種となっている。

ちなみに「人を3人死なせている」というのは前の所有者であった3人がそれぞれ諸般の理由で手放したことが脚色されたためで、実際はカブが原因で死亡した所有者は1人もいない。

後述の通り大学入学直後の事故で一度全損廃車となったが、それはあくまで「業者に出して修理した場合の費用が車両評価価額を超えるから」であり、既にある程度の修理技術を身に付け、かつ学生の身分で社会人より時間の余裕がある小熊は代車入手後時間をかけながらも自力で修復した。

ホンダ・HA02スーパーカブ90デラックス

原作小説7巻より登場。大学入学直前に事故によってスーパーカブ50が全損扱いとなり、代わりとして新たに用意されたバイク。2008年の生産中止直前に製造され、前のオーナーがあまり走らせずに死亡したため、ほぼ新古品である。最終型のため、排気量は85cc。
町田市転居後に小熊のものとなり、町田の市役所支所で登録手続きをすればごく普通のナンバープレートとなったらしいが、この代車を用意した業者が市役所本庁舎で手続きしたため、「匿名性に欠ける」ご当地デザインのナンバーがついているのが若干不満な模様。

その他バイク

ホンダ・クロスカブ2BJ-JA45

小熊&礼子『クロスカブ‼︎』


原作小説3巻にてバイク雑誌の企画を受けた際、出版社が用意したバイク。高校3年の7月にこのバイクで礼子と共に富士山登頂を目指したが、準備不足のため3,500m付近で断念した。電子制御式であるが、小熊と礼子はあまり気にいっていない。

ホンダ・NSR250R

シノさんの店で試しに運転した乾式クラッチタイプのバイク。小熊はかなり気に入ったが、値段を知るとあまりに高額のため諦めている。

ホンダ・VTR250

原作小説4巻にて礼子と共にバイク便の仕事を行なった際に会社が用意したバイク。高速道路も走行可能のため静岡方面へ配達に行くこともある。

関連タグ

スーパーカブ(小説) スーパーカブ
礼子 恵庭椎
ばくおん!!:第79話「すーぱーかぶ!!」では小熊のオマージュである小鳥が登場。

注釈

※1:電子レンジはアニオリ設定で、アニメ化の取材の際モデルの中学校の教室に実際電子レンジがあったことがきっかけである。
※2:アニメではの乗るアレックス・モールトンにも抜かされている。なおこの時点では椎との接点はまったくない。
※3:50cc以下の場合法令最高速度は30km/hまで、かつ通行帯が三車線以上の交差点は二段階右折が必要(例外あり)である。

関連記事

親記事

スーパーカブ(小説) すーぱーかぶ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「小熊(スーパーカブ)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「小熊(スーパーカブ)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2014808

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました