ピクシブ百科事典

放蕩者の茶会

でぼーちぇりてぃーぱーてぃ

放蕩者の茶会は橙乃ままれの小説作品『ログ・ホライズン』に登場する伝説のプレイヤー集団。
目次[非表示]

解説

 オンラインゲーム〈エルダー・テイル〉が〈大災害〉に見舞われる2年前まで活動していた、伝説的なプレイヤー集団。単に「茶会」とも呼ばれる。

 集団でありながらギルドの形態をとっておらず、構成メンバーの年齢層も上は主婦から下は小学生までと、出自や所属するギルドもバラバラな個人プレイヤー達の寄り合い所帯であった。
 しかし所属メンバーはいずれ劣らぬ凄腕ばかりで、平均的なギルドの規模と比較しても弱小とさえ言える27人の小集団ながら、数多くの超難関大規模戦闘(レイド)コンテンツを攻略。偉業とも無謀とも言える数々の戦績を叩き出し、日本サーバーでの攻略ランキング3位にまで登り詰め、約二年という短い活動期間の間に、その勇名は広く知れ渡る事となる。

 会の中心人物であったカナミの個人的都合による引退によって解散したが、日本のプレイヤーの間でその活躍は今もなお語り草となっており、かつて〈茶会〉メンバーであったと知られるだけで他の強豪プレイヤー達からも一目置かれるほどの影響を残している。

〈大災害〉時にはかつてのメンバーのうち、日本サーバーでは8人がログインしていた。
〈大災害〉後の世界でも個人として、あるいは統率者として相応の能力を発揮してきたために、いずれかの勢力で主要なメンバーとして活動している。現在確認されているメンバーはカナミを除き、皮肉にも〈円卓会議〉と〈プラント・フロウデン〉に別れ、敵対状態となっている。

C87ログホラ新刊「CRESEND TEA PARTY」サンプル


 当時の日本サーバーのユーザーからの評判はあまり芳しくなく、様々な悪評や酷評を受け続けていたが、彼女らは平然とそれらを受け流し、名だたるイベントに現れては常に上位に食い込んでいた。その目的はギルド単位での目的云々とかではなく、ただ単純に新しいモンスターが出たから見たい、珍しい景色があるなど、観光の為だけである。

メンバー

  • カナミ:茶会の中心人物。当時のメイン職は盗剣士。
  • 沙姫:ドワーフの施療神官。サブ職〈細工師〉。早口言葉で毒舌家。〈西風の旅団〉に所属しているが、〈大災害〉時にログインせず。表記上は除外。
  • 詠:人間の召喚術師。サブ職〈死霊使い〉。沙姫同様〈西風〉に所属するが、午前0時にはログアウトしてしまう故に〈大災害〉当時はログインせず。
  • 忍冬:狼牙族の守護戦士。サブ職〈生還者〉。温厚だが、戦闘に関しては容赦ない最強の主婦。プラント側のメンバーを馬鹿呼ばわりする。
  • 五郎八郎:エルフの武士。サブ職〈浪人〉。戦闘中でも内職する男。
  • 隼人:人間の武闘家。サブ職〈水兵〉。自称忍冬の舎弟。
  • ぬるかん:猫人族の武闘家。サブ職〈酒造職人〉。言うより先に手を出す。直継とは互いに信頼。
  • アイヒェ:ハーフアルヴの暗殺者。サブ職〈毒使い〉。口の悪いツンデレ系。KRを厨二病呼ばわりするが当人はツンデレ認定している。
  • トゥリ:狼牙族の暗殺者。サブ職〈砲撃士〉。
  • 菘:狐尾族の吟遊詩人。サブ職〈歌姫〉。
  • ウィスラー:人間の吟遊詩人。サブ職〈太公望〉。
  • ストールボーン:ドワーフの施療神官。サブ職〈坑夫〉。
  • カーム・H・デール:エルフの森呪遣い。サブ職〈学者〉。無類の昆虫好き。
  • ぎんがみ:狼牙族の森呪遣い。サブ職不明。カナミとはDPS勝負をしたがっている。
  • 月音:若年層女子メンバーの中心人物。本職は声優だったりする。
  • ★鞍馬☆:ソウジの後輩である九州男児。
  • ゆーこ:人間の妖術師。沙姫とはリアル友人の関係。サブ職〈幼子〉だが、リアルでも最年少の小学生。
  • タイガー丸:法儀族の召喚術師。サブ職〈料理人〉。TVシリーズ1話でシロエのフレンドリストに登録されている。
  • ラムマトン:法儀族の付与術師。サブ職〈薬剤師〉。

円卓会議

プラント・フロウデン側

関連タグ

ログ・ホライズン 三日月同盟 黒剣騎士団 D.D.D 西風の旅団
円卓会議

pixivに投稿された作品 pixivで「放蕩者の茶会」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20212

コメント